Pocket

5826

  • 何回言ったらわかるの!?
  • これは触っちゃダメ~!
  • ポイしちゃ、ダメ~!
  • ブクブクして遊んじゃダメ~!

乳幼児期のお子さんをお持ちのママ
 
ダメ~!ダメ~!
と毎日、怒り過ぎてイライラして、
もうストレスの限界!
 
爆発寸前って
感じになっていませんか?
 
いつになったらウチの子はわかってくれるの?
子育てってこんなにも、怒るもんなの?
 
疑問とイライラが日々、
募っていると思います。
 
そこで今回は実際に私が試して
子育てでイライラする回数が減った
という考え方、思考法を
シェアしたいと思います!この考え方、
 

  • そんなこと言うのは簡単だけど…
  • 実際はできない!無理でしょ?

って思っちゃう内容なんですが、
 
何度かやってみると
意外と簡単にできるようになります。
ホントに、ホントに!
 
私も始め出したころは、上手くいかず
「こんな方法、絶対私には無理だ~」
って思っちゃってたんですけど、
 
何度かチャレンジしたら、
出来るようになりました。
 
今では、イライラしていた自分が
「よくもあんなに怒ってたなぁ~」
と懐かしいくらい(笑)
 
この記事を読めば、あなたも
おおらかな気持ちで
子育てができていますよ!

 
子育てが100倍ラクチンになる
イライラから解放される考え方・思考法を
是非、あなたも試してみましょう!
 

スポンサーリンク

ママの許容範囲を広げること

子供を怒ってしまうとき
ママ側の心理を分析してみると、
 
自分にとっての
「できて当たり前ができないときに怒る」
ってことが多くないですか?
 

  • こぼさないで食べるのが当たり前
  • 遊ばず、食べるのが当たり前
  • モノを投げないのは当たり前
  • 静かにするのが当たり前
  • 譲り合うのが当たり前
  • 考えたらわかるやろ!?

 
などなど
 
「できて当たり前」というメガネ。
 
それで子供を見ちゃうと
ママはいつもイライラ…イライラ…
 
その状態で子供を「怒るな」と言うのは、
まぁ無理です!(笑)
 
なので、まずはそのメガネをはずしちゃいましょう!
 
開き直りではないですけど、
 

  • 子供は何も知らない、できない。
  • そして一回、言うぐらいじゃわからない!
  • しっかりと我慢強く、見守らないといけない!

 
一度、そこまで視点を切り替えてみて下さい。
 
ママのできて当たり前っていう考え方は、
ママが何十年も生きてきて、
積み上げられてきた知識の賜物です。
 
それを0~3歳児に当てはめるのは…さすがに
出来なくて当たり前!?(笑)って思いませんか?
 
そう考えると、
少し許容範囲広げれるはず!
 
いえ、無理矢理その感覚を鍛えていきましょう!(笑)
 
「まぁ、そうかもしれないけど…」
 
「それって甘やかしにならない?」
 
と思うでしょうが、
 
最初にママが
子供に歩み寄るカタチでやっていきましょう。
 
と言っても
「何回、言わすんじゃ!お前は~!」
って場面、ありますよね。(笑)
 
そうなったときは
「ちゃんと伝わっていないのかな?」
と考え、もう一度根気よく、
優しく言うようにしましょう。
 
あれれ?同じことで何回も怒っているぞ!?
どうすれば、子供にちゃんと伝わるのか?
覚えてくれるのか?
 
その都度、ママは子供と向き合って下さい。

「叱る」と「怒る」は似て非なるもの!

ここでママに理解しておいてほしいのは
「叱る」と「怒る」の違いです。
 
「叱る」は言い換えると
「教えること」です。

 
「怒る」は単純に
「気持ちをぶつけること」です。

 
子供をしつけるっていうのは、
大人しくさせるために怒るってことではありません。
 
子供がまだ知らないことを教えてゆく、
社会のルール・道徳を教える、
それが「しつけ」なのだと考えを改めましょう!
 
例えば、
子供がコンセントの差し込み口を触って遊んでいたら、
 
反射的に「コラー!危ないから、触るなー!」と
感情的に威嚇するのではなく、
 
「これは、で・ん・き、ビリビリするから、
とーっても危ないから、絶対に触っちゃダメ!
約束できる?」
 
と落ち着いて、教えてあげる。教える。
 
この「怒る」と「叱る」の違いを
ママもしっかりと理解して、
使い分けできるように頑張りましょう!
 
「えー面倒臭い!」
と思うでしょうが、今までと同じように
一度「怒る」スイッチが入ると
「怒る」を繰り返してしまいます。
 
怒る→怒る→怒る
永遠にその負のスパイラルから
抜け出せません。
 
怒らないことを心掛ける。
 
こんなことで怒ってたら身がもたないわ~
ファッファ~ン♪
 
ぐらいの気持ちで子供を見守りましょう!(笑)
 
長い目でみると「叱る」ほうが、
ママにとっても、子供にとっても良いことです。
 
子供もちゃんと説明していれば、
理解してくれるようになります。
 
子供は想像以上に賢くて感情的です。
怒られれば、歯向かうのです。
 
旦那さんとあなたの関係性に似てます。
 
旦那にされて嫌なこと、
あなたが子供にやってませんか?
 
ママ「見て見て~」
旦那、見もせずに「あ、うん」
 
プッチ~ン!
見ろよ!!腹立つ!!!

 
これそっくりそのまま、
お子さんにしてないですか?(笑)
 
そう考えてみると、あらゆることが
「なるほど」と頷けることばっかりだと思います。
 
まず、一度だけ感情をグっと抑えて怒らない
 

  • 冷静に叱る・話す
  • しっかりと見守る

 
この2点だけ、
繰り返し頑張ってみて下さい。
 
怒っていないときのほうが
精神的にすごくラクということに気付けます。
 
最初は意識しまくって
習慣化させるまで大変でしょうけど、
 
習慣化したら、もう子育て、しつけを負担に感じない。
 
ストレスのない
手抜き子育てママになれます。
 
もっともっと手抜きできるようになれば、
危険な場面と、これは叱るべき!
と思ったときだけ叱るようにするだけで
オッケーになります。
 
一度、ママが考え方を変えるという
大きい努力は必要ですが、
 
この感情コントロールを習慣化して、
いつも眉間にグっとしわを寄せた
怖い顔のストレスママから解放されましょう!
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。