Pocket

ママ全員がコレで悩む!?子育て3大ストレスとその解決策!【前編】
 
前回記事の続きでーす。
 
前回は育児ママの
3大イライラ原因を書きました。
 

  1. 子どもが寝ない!
  2. ご飯を食べてくれない!
  3. 言うことをきかない!

ですね。
 
んで、今回は毎日溜まる、
育児ストレス解消法を3つ紹介します!
 
貯金は減るのにストレスは溜まる。
育児あるあるです!
 
とりあえず、貯金が減る問題は
一旦置いといて(笑)
 
育児ストレスだけでも、
減らしましょう!

①協力者を作る

まずひとつめは、
育児の理解者や協力者を作ることです。
 
「え、そんな人いないし・・・」
 
と、思う方もいるでしょう。
 
私もそうでした。
 
最近は、検診のたびに、
 
「育児の理解者、協力者はいますか?」
 
というアンケートの項目、
ありませんか?
 
母子手帳にも載っていたりしますよね。
 
私、長男の時は
「いない」
に○を付けていました。
 
ママ友はいたんですよ。
 
夫も協力的ではありましたが、
仕事で朝早く夜も遅く、
休日出勤もありましたから・・・
 
一緒に育児をしている感は
ありませんでした。
 
私だけ子育てを
頑張っているんだと
思っていましたし、
 
ママ友はいたけれど、
理解者ではないかも・・・
という感じでした。
 
でもその状況は、
自分で招いていることなんだと、
次男を妊娠して気付きました。
 
近くに身寄りのない私が、
つわりで苦しんでいると、
 
ママ友は長男に
お弁当を作ってきてくれたり、
 
しばらく長男を
預かってくれたりしました。
 
私はそれが本当に申し訳なくて、
 
「ごめんね・・・」
 
と、謝ってばかり。
 
すると、
怒られたんです。
 
なんでそんなに頼ってくれないの!
 
と・・・
子育てでしんどい時は
助けてあげたいのに、
全然頼ってくれなくて、
すごく悲しい!
とまで言われてしまいました。
 
その時、私はハッとして・・・
 
子育ての理解者がいない、
協力者がいない、
と思っていたのは、
私の思い込みではなかったのかと。
 
本当は頼れる友だちがいるのに、
自分から壁を作って、
 
「しんどい時頼れる人がいない、つらい」
 
と、悲劇のヒロインのように
なっていたのではないかと。
 
夫に対してもそう。
 
「どうせ仕事で疲れているだろうから・・・」
「子どもとの遊び方知らないし・・・」
 
などと諦めていた部分がありましたが、
 
「○○公園が好きみたいだから、今度一緒に行ってあげて」
 
などと言うと、
ちゃんと連れて行ってくれますし、
 
一生懸命、子どもと向き合おうとしてくれます。
 
夫や友達に限らず、
市の悩み相談の窓口の人などもそうです。
 
自ら求めようとせず、
自分ひとりで頑張ろうとして、
壁を作っていては、
 
いつまでたっても
理解者や協力者は
できないことに気付きました。
 
待っていれば
自然に来てくれる協力者は
なかなかいません。
 
私は、そう気づき、
自ら「苦しい」「助けてほしい」
と素直に周りに打ち明けることで、
 
ママ友とより深く仲良くなれた気がするし、
夫にも協力してもらえたと思います。
 
今では、
「育児の理解者、協力者はいますか?」
 
の問いには、自信満々に
「はい」
に○を付けることができます。
 
1kosod54ss
 
子どもが言うこと聞かなくて、
ストレスが溜まりそうになったら、
 
「あ、今度、ママ友にこの話聞いてもらおう!」
 
と思いながら、
毎日過ごしていますよ。

②趣味を作る

趣味ってありますか?
 
出産前は趣味があっても、
子育てをしていると、
諦めなければいけない
趣味もありますよね。
 
私は仕事が趣味みたいなものでしたが、
妊娠してつわりがひどく退社。
 
つわりが収まると、
暇で暇で・・・
 
一日何して過ごしていいのか、
分からなくなりましたね・・・
 
でも、子育て中でもできる趣味って
たくさんあるんですよ。
 
私の場合は、
パン作りに目覚めました。
 
自分でパンって作れるの・・・!
 
というほど、
全然初心者の私でしたが、
 
作り始めると、
かなりハマってしまいました。
 
家族が、
 
「え、またパン・・・?!」
 
ってひかれるほど作りましたからね(笑)
 
kosod44sd1
 
とりあえず子どもが昼寝したら、
生地をこねて、
発酵させている間に子どもと遊ぶ。
 
という感じ。
 
自分で食べるパンだから、
発酵させ過ぎとかでも
気にしなーい(笑)
 
ママ友は、お昼寝時間に、
アクセサリーを作るのにハマり、
今ではネットショップを持つ
アクセサリー作家さんです。
 
他のママ友は、
子どもとベビーヨガに通い始めたのをきっかけに、
 
今ではヨガ講師の資格を取り、
人気教室の先生に。
 
子どもがいるから、
趣味なんて・・・?
 
いいえ、
全然そんなことはありません。
 
趣味は自分からできることを探して、
作るものなんですよ。
 
自分の好きな時間があるだけで、
子育てとのメリハリも付き、
ストレスも解消できたんです。
 
寝不足だって、
趣味の時間があれば、
心が満たされて
平気になりましたよ!

③完璧を求めない

3つ目は、
今すぐにでも試してほしい
ストレス解消法。
 
解消法というよりは、
視点の変換ですかね。
 
どこか人って、
他人の目を意識して、
 
完璧を目指そうとしてしまう点があるのでは?
と私は思います。
 
特に育児って
その傾向が強いように思います。
 
世間では
いろんな育児法、育児思想があふれていて、
 
人と違うことをしていると、
なんかちょっと
おかしいんじゃないの?

って思われそうで。
 
特に初めての子育てのママは、
分からないだけに、
 
そんな指摘をされるのが
怖いと思います。
 
私も、長男が2歳の時、児童館で、
お友だちの持っていたおもちゃを
とってしまうことが続いて、
 
「とっちゃだめだよ!」
 
って言いながら、
軽く長男の手をぺちっと叩いたんです。
 
すると、
児童館にお孫さんを連れてきていたおばあちゃんに、
 
「若い人はすぐ叩いて虐待する」
と言われたんです。
 
え・・・
これって虐待なんだ。。

 
ちょっとびっくりしましたが、
私の育児って間違っているんだ・・・
と怖くなって、
 
それ以来、
その児童館へは行けなくなりました。
 
kosod21a1
 
最近は
 
「褒めて育てる」
「叱らない育児」
 
なども、流行っているのか、
 
育児法がよく分からなくなりますね。
 
でも、正しい育児法なんて存在しない!
と、私は今ではそう思っています。
 
明らかに子どもに
悪影響を及ぼすと分かっていながら、
 
その方法を突き通すのは
いけませんが、
 
全てを
 
「こうしなきゃいけない!」
「ちゃんとしなくちゃ!」

 
なんて思わなくてもいいと思います。
 
子どもも親も
楽しく毎日を
過ごしていれば、
 
別にどんな育児をしようといいんです。
 
毎日、みんなで笑っていることが
大切なんです。
 
それが人から見れば
何か欠けていて、完璧じゃなくても、
 
家族の笑顔がずっと続くような
日々を過ごせたらいいのです。
 
子どもが食事を食べなくても、
 
「ま、いつかは食べるようになるか!」
で、いいんです。
 
たまに完璧にできたら、
 
「ばんざーい!」
「私よくやった!」

 
って、自分で自分をほめてあげましょう。
 
そう思うことで、
かなり、気が楽になりますよ。

まとめ

 

  1. 育児の理解者&協力者を作ろう
  2. 家庭内外に趣味を作ろう
  3. 完璧な育児は目指さず、気を抜いて

 
いかがでしょうか。
 
毎日毎日、
ストレスが溜まりがちなママ。
 
仕方ないんです、
育児ってそういうものです。
 
子育てを心から楽しめている
キラキラママだって、
絶対悩みやストレスの
一つや二つあるのです。
 
そんな中からいかにして、
この状況を楽しむか。

 
ストレスから、
上手に心を切り替えた人たちが
キラキラママなんだと、
私は思っています。
 
毎日、完璧に
すべてをこなさなくてもいいし、
 
一人で頑張らないで、
人に頼ってもいい。

 
ママだって、
自分の時間を持っていいのです。
 
私の育児は、

  • 気楽に。
  • 頑張り過ぎない。
  • 楽しむ。

がモットーです。
 
ストレス、
溜まってしまうのは仕方のないこと。
 
でも、うまく切り替る方法を
身に着ければ簡単に解消できます。
 
ぜひ、3つの気持ちの切り替え方法、
試してくださいね!
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。