Pocket

nogumi01iyai
 
早いと1歳半くらいから、
大体2歳前後から始まる
イヤイヤ期。
 
何をするのも

「イヤ!!」

返事はすべて

「イヤ!!」

なんでもかんでも

「イヤ!!」

と言われると
ママも穏やかではいられなくなり、

「私にどうしろって言うのよ!!」
とキレそうになることだって
ありますよね(笑)
 
もちろん、私もありました(笑)
2歳児相手に感情的になって
キレてしまったことも
一度や二度ではありません(反省)。
 
そこで今回は、
イヤイヤ期の子どもに
つい感情的になって叱ってしまうことを
悩んでいるママに、

子どもへの効果的な接し方を
ご紹介したいと思います。
 
イヤイヤ期の子どもに
イライラするのは当たり前です。
イライラしても大丈夫です!!
というかイライラしないなんて無理です(笑)
 
イライラしながらも、
ちょっとだけ子どもの気持ちを考えて
接してみる。
 
ただそれだけで、ママも子どもも
嫌な気持ちを引きずらずに済み、
むしろお互いの絆を深めていくことが
出来ますよ!!
 

スポンサーリンク

「イヤ!!」の理由を考える

nogumi02iyai
 
イヤイヤ期の子どもはなんでもかんでも
「イヤ!!」
と言い放ちますが、彼らにも理由があります。
(多分・笑)
 
まずは、なぜ
「イヤ!!」
と言っているのかを
考えてみて下さい。
 
イヤイヤ期の子どもって、
まだ自分の気持ちをうまく
言葉で表現出来ないんです。

だって、まだ言葉を覚えた
ばかりなんですから。
 
私もそうだったんですけど、
子どもの口から言葉が出るようになると、

どうしても言葉に頼りがちに
なるんですよね。
 
何がイヤなの?
どうしたいの?
ちゃんとお口で言ってごらん・・・
 
そんな言葉をよく子どもに
投げかけていた気がします。
 
自分の中の複雑な感情を
上手く言葉にするなんて、

考えてみたら大人にだって
難しいですよね(笑)
 
言葉をまったく話せない赤ちゃんだった頃、
赤ちゃんが泣くとママは、

「オムツかな」
「お腹空いたのかな」
「眠いのかな」

 
子どもの表情を観察して、
今どう思っているのか、
どう感じているのか、
読み取ろうとしましたよね。
 
その気持ちを、
少しだけ思い出してみて下さい。
 
この時期の子どもは
言葉だけでコミュニケーションを
取ることは困難です。
 
子どもの様子を見て、
何をイヤだと言っているのか、
何をしたいと思っているのか、
考えてみるようにしましょう。

子どもの「イヤ」に共感する

nogumi03iyai
 
これが一番大事なポイント。
子どもの「イヤ」という気持ちを
まず一度受け入れて、
共感してあげましょう。
 
全然共感出来ない理由の時もありますが(笑)
それでもまずは子どもの
気持ちに共感してあげて下さい。
 
うちの子の場合、
イヤイヤ期によくあったのが
朝ご飯を食べるのを嫌がることでした。
 
その理由が、

「ご飯じゃなくてお菓子を食べたい!」

なんです。
 
nogumi04iyai
 
「はぁぁ??」

私からしたらとても共感出来るような
理由じゃなかったんですけど(笑)
 
一応は、

「そっか。お菓子が食べたかったんだね。
お菓子、美味しいもんね。
ご飯よりお菓子が食べたいって
思っちゃったんだね」

と共感しました。
(いや、全然共感は出来ないんですが・笑)
 
本心としては頭ごなしに

「朝からお菓子なんてダメに
決まってるでしょ!!」

と言いたいんですが、
そこはぐっと我慢です。
 
一度共感した上で、
 
「でもちゃんとご飯を食べると
○○君の体が元気モリモリになるんだよ。

ご飯は体を元気にしてくれるの。

お菓子は体を元気にする力がないの。

だから、朝はちゃんとご飯を
食べたほうがいいとママは思うよ」

そんな感じで説明してました。
 
それ以外のことも、
イライラしつつも、
うんざりしつつも(笑)、
とにかくまずは一度共感!!

これに尽きます!!
 
頭ごなしに
「ダメ」
と言われても、子どもには
なんでダメなのかわかりません。
 
さっきの例でも、
うちの子は多分本気で
朝からお菓子を食べる気だったんです(笑)
 
朝起きた時は
お菓子じゃなくてご飯を食べる。
 
大人にとっては当たり前のことです。

でも子どもにとってはわからないんです。
だってまだ生まれて数年なんですから。
 
ママからしたら理解できないような理由で、
「イヤ!!」
と言うことも多いと思いますが、

頭ごなしに
「ダメ!!」
と言わず、一度共感してあげて下さい。
 
まず共感し、気持ちを受け入れてから、
ダメな理由を説明する。
 
子どももそのほうが落ち着いて
話を聞いてくれますよ。

イライラした時は離れる

nogumi05iyai
 
共感が大事。
そんなこと百も承知だけど、
毎日「イヤ!!」ばっかり言われると
怒鳴りたくなることもあるわよっ!!

 
そうですよね。
わかります、わかります。
ものすごくわかります!!
 
私だって、頭の中で、

「まずは共感。まずは共感」
 
とお経のように唱えてはいても、
だんだん腹が立ってきて、

「もういい加減にしなさいっ!!」
 
と怒鳴りたくなることも
しょっちゅうでした(笑)
 
ママだって人間です。

穏やかに笑って聞き流せる日もあれば、
どうしてもイライラしてしまう日もあります。

当たり前です。
 
私は、イライラして怒鳴りたくなった時は、
座布団を持ってトイレに避難してました。

なぜトイレかって?

我が家で唯一鍵のかかる
個室だからです(笑)
 
で、トイレで座布団に顔をうずめて

もういい加減にしてよっ!!
こっちの気も知らないでっ!!
うるさいうるさいうるさーーい!!

 
と叫んでました(笑)

座布団に顔をうずめれば
少しは音が小さくなるので
多少叫んでも大丈夫(なはず)。
 
どうしようもなくイライラした時は
一瞬でもいいので子どもから離れて
深呼吸したり、叫んだり(笑)して
気持ちを落ち着けましょう。

感情的に叱った後はフォローする

nogumi06iyai
 
感情的になったり、
頭ごなしに叱ったり、
出来るだけそういうことは

したくないと思ってはいても、
毎日子どもと向き合っていれば
つい怒鳴ってしまうことはあります。
 
そんな時は子どもへの
フォローを心がけましょう。
 
私も、つい感情的になって
子どもを叱ってしまって、
 
「ああ、言いすぎちゃった…」

と反省したことが何度もあります。
 
そんな時には落ち着いてから
子どもを抱きしめて、
 
「さっきはママ怒りすぎちゃったね。
でも、ママはあなたが大好きだからね」

と言うようにしていました。
 
子どもはママが大好きです。
ママに嫌われることが一番悲しいし、
ママを悲しませるのはすごく辛いんです。

 
ものすごく叱られた後は、
 
「ママは自分のことを嫌いに
なったかもしれない」

と不安に思っています。
 
「大好きだよ」

そう伝えてあげることで、
子どもはとても安心します。
 
「大好きだよ」

と口に出すことで、
ママの気持ちも穏やかになりますよ。

まとめ

・子どもがなぜ「イヤ!!」と言っているのか、
理由を考えよう。
 
・子どもの「イヤ!!」に共感し、
その気持ちを受け入れよう。
 
・どうしてもイライラして怒鳴りたくなった時は、
少しの時間でもいいので子どもと離れて
気持ちを落ち着けよう。
 
・感情的に叱ってしまうことがあっても大丈夫。
でも、叱った後で必ず子どもに
「大好きだよ」という気持ちを伝えてフォローしよう。
 
イヤイヤ期の真っ只中にいる時は、
このイヤイヤはいつまで続くんだろう…と
絶望的な気持ちになりますよね(笑)
 
でも、イヤイヤ期は
そう長く続くものではありません。
 
うちの子の場合は2歳前から始まり、
3歳過ぎまで続きました。
 
当時は大変だったけど、
今振り返ってみると
 
なんでもかんでも「イヤ!!」って泣き叫んで、
あのころは可愛かったなぁ
 
と懐かしく感じます。
 
イヤイヤ期は、自分の気持ちを
相手に主張することを学ぶ
大事な時期です。
 
毎日相手をするママは
本当に大変なんですけど、

子どもの主張をしっかりと
受け止めてあげましょう。
 
ママは自分の気持ちをわかってくれた

その気持ちは子どもを安心させ、
ママへの信頼感が生まれます。
 
イヤイヤ期は親子の絆を深める
絶好のチャンス!!
 
子どもの気持ちと向き合うようにすることで、
親子の関係がより強固なものになりますよ。
 

スポンサーリンク

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
カノン

カノン

はじめまして。カノンと申します。 40代半ばの専業主婦。夫と4歳の息子の3人家族です。 不妊治療の末、高齢出産でなんとか長男を授かりました。 電車好きの息子を溺愛するあまり、ママ鉄になってしまいました(笑) 色んなことがありながら、なんとか4歳まで育ってくれた息子との子育て記録をここに書き溜めてます。 一人でも、悩んでいるママを助けたいと思ってます~