Pocket

rakko01naki
 
赤ちゃんが泣き止まなくて困っているママへ!
 
家の中でも外出中でも、
大泣きするわが子をどうしたらいいの?
悩むママは多いはずです。
 
でも泣きっぱなしにしても大丈夫。
赤ちゃんは泣くのが仕事。
 
と、私みたいに甘く考えていると、
あなたも大変な目に遭うかもしれないですよ!
 
実は赤ちゃんによっては大泣きしすぎると、
呼吸困難を起こしてしまう事があるって
知ってますか?
 
もしも、いきなりそんな事が起きたら、
とっても驚いてしまいますよね。
 
二人の子供を育てた母である私が、
赤ちゃんの呼吸困難を体験した出来事をもとに、
いざというときにママが落ち着いて行動できる、
役に立つ情報をお教えします!
 

スポンサーリンク

ちょっと泣いてただけなのに!?

rakko02naki
 
生後3か月が過ぎたころ、
いつもの通り
オムツを替えようとベッドに下すと、
ご機嫌斜めになっ
て大声で泣き始めたんです。
 
よくある光景ですよね。
 
そのとき突然、
泣きながら怒って
顔を赤くするわが子が、
 
ものの十数秒で息が止まり、
体が硬直して
下半身が紫色になってきました。
 
え!?○○ちゃん!
○○ちゃん!

 
突然のことで自分はパニックになり、
しっかりしなきゃいけないのに
手が震えてしまいました。
 
頭が真っ白になるとは
ほんとにこの事です。
 
わが子は産まれてからありがたいことに、
検診でも何の異常も見られず、
すくすくと大きくなっていました。
 
少し声が小さめの赤ちゃんなのかな?程度のもので、
心配事などほとんどなかったのです。
 
どうして突然こんなことになったのか、
見当もつきませんでした…

なぜ、赤ちゃんに起こるの?

rakko03naki
 
後日病院にいき
 
「もしかして脳波に異常があるのでは…」
 
と心配すると、これは命に別状はなく、
病気でもないことがわかりました!
 
「なんだ、よかった…」
 
泣き入りひきつけ(憤怒痙攣)といって、
脳の発達が乳児、幼児は未熟なので
起こるんです。
 
ママは突然のことで
心配しましたよね、大丈夫ですよ
 
病院の先生は
そう優しく言ってくれました。
 
やっぱり心配になったら
迷わず小児科へいくべきですね。
 
強い恐怖や痛みを感じたり、
癇癪を起したりして泣きすぎると、
息を吐き切ったまま止めてしまい
呼吸困難のように一時的に低酸素状態になると
教えて頂きました。
 
体が紫色になったのは、
この酸欠状態(チアノーゼ)だったからんですね。
 
育児雑誌でも両親学級でも、
聞いたことがなかったです!!
 
こんな経験を一回でもしちゃうと・・・
 
もう泣かすことが
怖くてたまりませんよね!!
 
赤ちゃんが泣くたびに
ビクビクしてました。

どうしたらいい?ママがとるべき行動

rakko04naki
 
てんかんや、熱性けいれんで
体が硬直したりするのは知っていたけれど、
 
泣くことが仕事の赤ちゃんに、
泣きすぎることで
まさか呼吸困難が起こるなんて…。
 
こういう時、すぐに救急車を呼ぼうとしても、
手が震えてスマホのパス解除が出来ないくらい
パニックになっちゃうんです。
 
でも我が子を抱き上げた途端、
力が抜けたようにスゥーっと顔色も戻り
落ち着きました。
 
数分後にはケロっとして
何事もないように笑ったり…。
 
こんなとき大切なことは、
大人が落ち着き、
赤ちゃんを安心させることなんです。
 
優しく声をかけたり、
とんとんしたり、抱っこしたりして
 
いつも通りやっていることをして
安心させてあげるのが一番です。
 
赤ちゃんを泣かせる事は
肺の運動になるからって、
昔の人は言いますが
 
こういうこともあるから
一人にして泣かしっぱなしに
しないほうがいいですね。

これはいつまで続く?

rakko05naki
 
我が子はあの日からしばらく、
いつ同じことが起きるか怖くなってしまい
ほとんど誰にも預けないで
いつも離れず、泣かさないように…
赤ちゃんの顔色をうかがっていましたね。
 
赤ちゃんのいいなりとはまさにこの事!
 
でも、かわいい少しの間だけですからね。
 
安心してください。
泣き入りひきつけは新生児期~幼児期、
人によっては小学校入学前までに
脳が発達してくるので自然と起こらなくなるようです。
 
わが子ももう3歳になりますが、あれ以来
泣き入りひきつけは、起こしていません。

まとめ

  • 泣きすぎの呼吸困難は泣きいりひきつけという
  • 病気ではないので脳が発達するにつれ、起こらなくなる
  • 大人は落ち着いて子供を安心させてあげる

 
この事を事前に知っていれば
赤ちゃんが泣きすぎて呼吸困難になっても、
 
いざというとき
ママは落ち着いて対応できます!
 
あくまでもチアノーゼを起こすかどうかは、
現れ方にも個人差があります。
 
泣き入りひきつけというくらいだから、
感情が高ぶるときに起こるのであって、
 
発熱時やいきなり倒れたりするひきつけは
全く別のものなので、その場合は医療機関に
すぐ相談してください。
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
らっこ

らっこ

初めまして、らっこと申します。1984年東京都 生まれ。静岡在住。 やんちゃ な2歳と0歳児 の女の子のママです!小鳥が大好きで、いまも文鳥を飼っています。趣味は写真撮影。自分の子供たちを撮るのに夢中です!!子育てしてると色々なこともあり、誰かに伝えたいことが沢山でてきます。自分の失敗談や困ったことや笑ってしまう事、また知っておくと損はない情報を今ママの人やこれからママになる方に分かりやすくお伝えしたいな、と思っています!