Pocket

nogumi01nekashi
 
さぁ、もう寝る時間ですよ~
 
と布団に入っても、
 
目はギンギン、寝る気ゼロ。
 
はぁ、今夜も寝かしつけ
1時間コースかぁ・・・
 
ついついため息を
つきたくなりますよね。
 
今回は子どもの寝かしつけで
お悩みのママに・・・
 
私が色々試して効果のあった
寝かしつけ方法をご紹介します!
 
あれもダメ!これもダメ!
今、寝かしつけでお悩みのママに
是非、読んでほしい内容です!
 

スポンサーリンク

子どもは何時までに寝るべき?

nogumi02nekashi
 
子どもって何時までに
寝ればいいんでしょう?
 
寝かしつけの時間について調べていると、
夜10時までには眠るようにしましょうと
書かれているのをよく見かけます。
 
夜10時から深夜2時までは
眠りのゴールデンタイムと呼ばれ、
その時間帯にしっかり眠ることで
成長ホルモンの分泌が促される・・・
というのが、その理由のようです。
 
但し最近ではそれはまったく
根拠のない説だと言われています
 
子どもが早く寝るのは
理想的なことです。
 
でも「寝る」、「寝ない」に関しては、
子どもによって
かなり差があります。
 
親が特別な寝かし付けをしなくても、
夜8時になると
 
「眠いからお布団行く~~」
 
nogumi03nekashi
 
と言って
勝手に寝てしまう子もいれば、
 
10時になっても
11時になっても一向に寝てくれない
うちの子のようなタイプもいます。
 
寝ない子を持つママにとって
寝かし付けは難行苦行(苦笑)
 
10時までに寝かせたいから
8時には布団に入れて寝かし付けをしないと…
 
と頑張っているママもいらっしゃるのでは。
 
でもあまりにも
○時までに寝かさないと!!
と力みすぎるとママも疲れますし、
 
寝かせようオーラが出まくりになると逆に
子どもが寝なくなることも。
 
どんなに寝かせようと頑張っても、
子どもが寝ないことはよくあります。
(むしろ頑張りすぎるほど寝ない傾向・笑)
 
就寝時間にあまりこだわらず、
昼寝も含めた1日の睡眠時間が
確保されていればOK!くらいの気持ちで
気楽に構えましょう。
 
1~3歳くらいの子どもなら
12~14時間が理想的な睡眠時間と言われています。
 
仮に夜10時半に寝て、
朝8時に起きたら睡眠時間は9時間半。
 
2時間程度のお昼寝をすれば
睡眠時間はしっかり確保できます。
 
とは言え、小さい子どもがあまり遅くまで
起きているのは親としては気がかりですし、
出来れば早く寝て欲しいものですよね。
 
我が家の子どもも
生後3~4ヶ月頃から寝かしつけには
苦労していました。
 
寝かしつけるために取った手段は数知れず(笑)
 
出来るだけ早く
子どもを寝かせるために
効果的だった手段について、
ご紹介したいと思います。

スムーズに寝るために事前準備を!!

夜なかなか寝ない場合は、
以下の点を注意してみて下さい。
 

nogumi04nekashi
 
前日の夜に遅く寝たとしても、
朝は8時くらいまでには
起きるようにしましょう。
 
朝起きるのが遅くなると、
昼寝が遅くなり、夜寝るのが遅くなる…
という悪循環になります。
 

nogumi05nekashi
 
昼寝は午後3時くらいまでに
済ませるようにしましょう。
 

nogumi06nekashi
 
日中は極力体を動かして遊ばせましょう。
 
私がよくやっていたのは、
夕方の散歩です。
 
わざわざ公園まで遊びに行かなくても、
家の近所を歩いて葉っぱを拾ったり、
石を拾ったり、そういった遊びで
かなり長時間楽しんでいました。
 
体を動かすと
やはり寝つきが良くなるように思います。
 

nogumi08nekashi
 
夜はテレビをつけないようにしましょう。
(もちろん大人もです)
 
出来れば8時以降は
一切テレビをつけない。
 
テレビがついていると
子どもはどうしてもそれを見てしまい、
目からの刺激を受けることで
寝つかなくなります。
 

nogumi09nekashi
 
お風呂はぬるめにしましょう。
 
お風呂からあがり、
体温が下がって来ると
眠くなりやすいので、
そのタイミングで布団に入ると
寝かしつけがスムーズになります。
 
これらのことを意識するだけでも、
夜の寝かしつけがかなり楽になりますよ。

定番は抱っことおんぶ

nogumi10nekashi
 
特に月齢の低い頃には
この方法がもっとも効果的です。
 
やはりママのぬくもりが
子どもにとってはもっとも
安心できるんでしょうね
 
もちろんパパの抱っこやおんぶも
効果ありですよ!
 
素抱っこでもいいですが、
腕や腰に負担がかかるので
寝かしつけを少しでも楽にするために
抱っこ紐を使うことをおススメします。
 
nogumi11nekashi
 
私が愛用していたのは
エルゴの抱っこ紐

それはもう長い間
我が家で大活躍してくれました。
 
エルゴの抱っこ紐は
抱っこだけではなくおんぶも出来ますし、
 
肩や腰に重さがうまく分散されるので、
抱っこの負担がかなり軽減します。
 
うちの息子は1歳前後の頃には、
眠くなると自分から抱っこ紐を
持って来るようになりました(笑)
 
やっぱり抱っこひもは
ママとの密着感が高いので、
安心感で良く眠れるようです。
 
抱っこやおんぶで
ゆらゆらするだけでも
もちろん効果はありますが、
 
より寝かしつけ効果を高めるには
ママが歌ってあげると良いです。
 
nogumi13nekashi
 
我が家ではかなり長い間
この方法を使っていました。
 
歌は子どもがお気に入りの物なら
なんでもOKですが、
子守歌(ゆりかごの歌とか)
のようなスローテンポの曲がオススメです。
 
その歌のテンポに合わせて
ゆらゆらしていると、
いつの間にか眠ってしまう
ということが多かったです。
 
私がよく歌っていたのは
Eテレの子ども向け番組の歌です
 
「おやすみモウフー」という曲です。
 

 
抱っこやおんぶの寝かしつけで大事なのは、
布団におろす時に細心の注意を払うということ。
 
ここで失敗したら
もう目も当てられません(笑)
 
特におんぶの時は、
静かに布団におろすのが難しいので、
 
旦那さんに
サポートしてもらうようにしましょう。

ベビーダンスで寝かしつけ

nogumi15nekashi
 
ベビーダンスってご存知でしょうか?
赤ちゃんを抱っこしながら踊る
エクササイズのことです。
 
たまたま地域の支援センターで
無料体験イベントがあったので
軽い気持ちで参加してみたんですが、
 
このベビーダンス、
赤ちゃんがなぜかすごくよく寝るんです
 
ママにとっても良い運動になりますし、
右、右、左、左…
とステップを踏んでいるうちに、
 
気づいたら「あれ?寝てる」
なんてことがよくありました。
 
普通に抱っこしていると
寝つくまでの時間が長く感じられますが、
 
ベビーダンスは
自分が楽しく動いているので、
寝かしつけにかかる時間が
体感的に短く感じられます。
 
また、ママの意識が
ダンスに向いているので、
「早く寝て~」というオーラを
赤ちゃんが感じにくいのも、
早く寝てくれる要因なのかもしれません。
 
講習会の先生がベビーダンスの揺れは
赤ちゃんにとって心地良いので、
赤ちゃんがよく寝るようになりますよ。
 
ダンス中に赤ちゃんが
寝ちゃうことも多いんです
 
とおっしゃっていましたが、
本当にその通りでした。
 
興味のある方は、
ぜひ近くでベビーダンスの体験イベントが
あるか調べて参加してみて下さい。
 
ちなみに動画などもありますよ!

家族全員で本気で寝る!!

nogumi16nekashi
 
子どもを寝かしつけている時って、
 
子どもが寝たらアレやらなくちゃ、
コレやらなくちゃ…
 
と思いながら添い寝してませんか?
 
私もそうなんですけど、これって
 
「早く寝てよ」
 
「私はまだやりたいことあるんだから」
 
みたいなママの気持ちが
伝わるみたいで、
 
寝かしつけには逆効果。
 
そこで、可能であれば家族全員
子どもと同じタイミングで
本格的に寝てしまいましょう!!
 
パパもママも本気で寝ていると、
子どもも諦めるみたいで、
知らないうちに子ども
もぐっすり眠っています。
 
体力も使わないし、
ストレスも少ないオススメの方法です
 
やりたいことをやらずに寝るという
デメリットもありますが…

夜のドライブはやっぱりテッパン技

nogumi017nekashi
 
子どもが寝ないという経験を
持っている方が必ず使っている
技がコレ(笑)
 
どうにもこうにも寝ない…
という時にはドライブでの
寝かしつけもアリだと思います。
 
停車・発進を繰り返すと
目を覚ましやすいので、
出来るだけ信号が少ない
ルートを通るのがオススメです。
 
カーナビの画面を見て
目が覚めてしまうこともあるので、
画面を消すなり、
暗くするなりして
注意してあげて下さいね。

たまには寝かしつけをやめてみる

nogumi18nekashinekasee542_s-300x216
 
「えっ?」
 
と驚かれたママも
いらっしゃるかもしれませんね(笑)
 
でも、毎日毎日寝かしつけに
時間を使っていると、
精神的にも体力的にも
ママが疲れてしまいます。
 
そんな時は、
 
今日は多少遅くなってもいっか
 
と気楽に構えて、
寝かしつけをする時間を
遅めにしてみても
良いのではないかと思います。
 
私自身、子どもが
なかなか寝ないことには
随分悩まされました。
 
うちの子は寝るのが
とにかく大嫌いで、
 
寝る直前まで遊んでいたいんです。
 
夢中で遊びながら
気を失うように寝る…
 
というのが彼の理想のようです。
親にとってはたまったもんじゃありません!
 
添い寝して、子守歌を歌って、
頑張って寝るように仕向けて、
大きなあくびが出るようになって、
 
「よし!あと一息!!」
 
というタイミングになると、突然、
 
「ママぁ、お茶飲みたーーーい」
 
と言い出します。
 
お茶を飲むことで
眠気を覚まそうという魂胆のようです。
 
……そこまでして起きていることに
なんのメリットがあるのでしょうか?
 
我が子のことながら
本当に謎です…。
 
無理に寝かしつけようとせず、
いつもより遅い時間に布団に入ることで、
寝かしつけにかかる時間が
かなり短くなります。
 
毎日というわけにはいきませんが、
たまにはそんな日があってもいいよね…
くらいの気持ちでいると、
ママも気持ちが楽になりますよ。

まとめ

・就寝時間、睡眠時間は
個人差が大きいので、
どうしてもこの時間に寝なければ、
という縛りに
とらわれ過ぎないようにしましょう。
 
・朝早く起こす、日中体を動かす、
昼寝のタイミングを調整する…など、
夜の寝かしつけをスムーズにするための
工夫をしましょう。
 
・抱っこやおんぶは
寝かしつけに効果的。
抱っこ紐を使って体への負担を
軽減させるようにしましょう。
 
・機会があれば
ベビーダンスを実践してみましょう。
 
・家族全員で
一緒に寝てみましょう。
 
・なかなか寝ない時は
夜のドライブに
連れて行ってみましょう。
 
・たまには寝かしつけをやめて、
寝かしつけストレスから
解放されましょう。
 
寝かしつけは
毎日のことなので、
 
なかなか寝ない子を持つママには
ストレスがたまりがち。
 
色々な手を日替わりで使い分けて、
少しでも楽に乗り切りましょうね!
 

スポンサーリンク

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
カノン

カノン

はじめまして。カノンと申します。 40代半ばの専業主婦。夫と4歳の息子の3人家族です。 不妊治療の末、高齢出産でなんとか長男を授かりました。 電車好きの息子を溺愛するあまり、ママ鉄になってしまいました(笑) 色んなことがありながら、なんとか4歳まで育ってくれた息子との子育て記録をここに書き溜めてます。 一人でも、悩んでいるママを助けたいと思ってます~