Pocket

nogumi01toito
 
トイレトレーニング。
 
それは初めての子育てを経験しているママに
とってかなり高いハードル。
 
いつからやるの?
どうやってやるの?
トイトレは未知の世界。

 
その不安たるや、
はかり知れません(大げさ?)。
 
そこで今回は、
うちの子だけ、いつまでたっても
トイレでおしっこが出来なかったらどうしよう…
と不安でいっぱいになっているママに、
簡単にトイトレを進める方法について
お話したいと思います。
 
これを読んでトイトレを始めれば、
びっくりするくらいスムーズに
 
ママ、おしっこしたい!
とトイレに行ってくれるようになりますよ!!
 

スポンサーリンク

いつから始めるのがいいの?

nogumi02toito
 
トイトレはいつ頃から始めたらいいか。
調べれば調べるほど情報がありすぎて
迷ってしまうのではないでしょうか。
 
一般的には
「2歳の夏がトイトレのチャンス」
と言われています。
 
2歳くらいになると膀胱におしっこを
溜められるようになってくるため
トイレのタイミングがつかみやすい
(おしっこの間隔が2時間くらいになるのが目安)
 
子どもが自分の意思を言葉で伝えられる
ようになるため、おしっこをしたくなった時に
自分から意思表示が出来る
 
夏は汗をかきやすく、トイレ回数が少なくなるので
負担が軽い(お漏らしの始末とか…)
 
というのがその理由です。
 
確かにそれくらいの時期になると
周りのママの中にもトイトレを始める人が
増えてきます。
 
「最近トイトレ始めてさー」
 
「うちも~~」
 
なんて話をしているママがいようもんなら
耳はダンボ状態。
 
nogumi03toito
 
「うちもそろそろ始めなきゃ」
 
という気持ちになりますよね。
 
私も同じでした。
 
いつの間にやら周りのお友達が
トイトレを始めていて、
みんなで会うと必ずトイトレの話題に。
 
焦ってトレーニングパンツなるものを
購入しに行きました(笑)
 
本を読んだり、ネットで調べたり、
みんなの話を聞いたりしながら、
にわかトイトレを始めたわけです(笑)
 
結果は惨敗でした。
 
過去の私に会えるなら言ってあげたい。
 
「まだトイトレの時期じゃないよ!」
 
と。
 
確かに2歳の夏はトイトレに適した条件が
調う時期です。
 
でも、それはあくまで「一般的」な話です。
 
膀胱におしっこを溜められるようになるのも、
おしっこの感覚がわかるようになるのも、
子どもによって時期はまったく違います。
 
おしっこをまだ膀胱に溜められない時期に
トイトレを始めても上手く進みません。
 
親にとっても子どもにとってもストレスに
なるだけです。
 
トイトレをいつ始めたらいいのか。
 
それは子どもの準備が調ってからです。
 
準備が調う時期は必ずきます。
ママが焦っても、その時期が早まるわけでは
ないので(笑)、焦らず気長に待ちましょうね。
 
(…と当時の私にも教えたい(笑))

トイトレを始めよう!

nogumi04toito
 
おしっこの間隔は
2時間くらい空いてるし、
意思を伝えることも出来る。
 
そうなったらトイトレを始めてみましょう。
 
まず大事なのは、子どもがトイレに
興味を持つことです。
 
絵本を見せながら、
「こうやってトイレでチーってするんだね」
と教えてみたり、
 
ママがトイレに行く時に一緒に連れて
行くというのも良い方法です。
 
すでに便座は用意してあげましたか?
 
便座に備え付ける子供用便座


この便座備え付けタイプの場合は
子供に「おしっこ」と言われてから
トイレに連れていく、
便座に座らせるまでは
ママが補助しないといけないというデメリットがあります。
 
逆にメリットとしては
おしっこなどの処理は必要なく
そのままトイレに流せるという感じ。
 
おまる型

こちらの場合は
「ママ、おしっこ!」と言われても
わざわざトイレに行かせる必要がなく
 
リビングや廊下など
目に見えるところでもトイトレができます。
 
子供がおしっこしたいって思ったら
おまるに座るんだよって教えるだけです。
 
こちらのおまる型を選んだ場合は
子供といっしょにトイレまで行く、
便座に座らせる、という手間を
いちいちしなくて良いのがメリットです。
 
但し、毎回おしっこなりする度に
おまるをトイレまで処理しに行く
おまるの中受けを洗う、
というデメリットがあります。
 
どちらのタイプを選ぶのか、
それぞれママの好みはあるでしょうが、
私は便座に備え付ける方にしました。
 
これでまず、便座は整いました!
 
そして、お兄ちゃんパンツを準備しましょう!!
 
子どもの好きなデザインのパンツ
(大好きなキャラクターのものとか)
にすることでモチベーションがあがりやすいので、
子どもと一緒に買いに行くといいですよ。
 


 
ところが、ここで大きな疑問にぶつかります。
 
「パンツって、どれを買えばいいの?」
 
お店に行くと、トレーニングパンツという
コーナーがあり、色々な種類のパンツが
売られてますよね。
 
2層タイプ、4層タイプ、6層タイプ…。
おしっこを漏らすと、パンツに描かれている
キャラクターが泣いてお知らせ…みたいな
パンツまで!!
 
層が厚いほど、お漏らしした時におしっこを
吸収してくれる…という構造になっています。
トイトレを始める時はなんとなく層が厚いほうが
安心な気がしますよね。
 
でも、ここで経験者からのアドバイス!
 
トレパンではなく普通のパンツを買いましょう!!
枚数は5~6枚でいいと思います。
 
私は最初4層タイプのトレパンを買いました。
薄すぎると心配だし、厚すぎるとおしっこを
漏らした時の不快感がなさそうだし…。
我ながら中途半端な選択ですね(苦笑)
 
でも、結局トレパンだとお漏らしをしてもあまり
気持ち悪くないみたいです。
 
しかも4層のトレパンでも、お漏らしを
したら結局ズボンも濡れます。
(考えてみたら当たり前の話ですが(笑))
 
うちの子は、トレパンでトイトレを始めても
全然おしっこを教えてくれませんでしたが、
 
普通のパンツでトイトレを始めたら、
初日に「おしっこ出る!」と教えてくれるように
なりました。
 
nogumi05toito
 
普通のパンツの場合、おしっこを漏らすと
足もお尻の周りも全体的に濡れてべちゃべちゃに
なります。
 
子どもながら、それはやはり気持ちが悪い
ようです。
 
「よし。今日からパンツでトイトレしよう」
と決めた日、息子は5回お漏らしをしました(笑)
 
1回目、2回目、3回目は
「あ~おしっこ出ちゃった…」
と言って漏らしました。
 
4回目には
「おしっこが出そう」
と言った直後に漏らしました。
 
そして5回目は
「おしっこ出そうだからトイレ行きたい!」
と言い、トイレの前で漏らしました。
 
我が家は6枚しかパンツがなかったので
「最後のパンツだなぁ」
と思いながら履かせていたら、
 
「おしっこ出る~!!」
 
と言ってトイレに行き、便座に座らせたら
見事におしっこが出たのです。
 
家族全員で拍手喝采です(笑)
 
nogumi06toito
 
トレパンで数か月練習していて一度も
うまくいかなかったのに、
普通のパンツにしたらたった1日で
トイレでのおしっこに成功しました。
 
その後、1週間ほど続けた結果、
ほぼトイレで
おしっこが出来るようになりました。
 
トレパンを否定するわけではありませんが、
普通のパンツのほうが
お漏らしをした時の不快感が強いため、
トイトレが進みやすいように思います。
 
それに、普通のパンツならトイトレが
終わってからも使えるから経済的です(笑)
 
これからトイトレを始める方は、
ぜひともノーマルパンツでチャレンジ
して下さいね。

トイトレ時に注意すること

nogumi07toito
 
トイトレ中に注意して欲しいのは、
「お漏らしをしても叱らない」
ということです。
 
お漏らしをした時に叱られると
 
「叱られる=嫌なこと」
 
という気持ちにつながり、
トイトレが進みにくくなるからです。
 
トイトレを始めたばかりの頃は
しょっちゅうお漏らしをします。
 
夢中で遊んでいる時は特にです(笑)
遊びたいからトイレに行くのを
ひたすら我慢しているんでしょうね。
 
そのたびに体を拭き、着替えさせ、
床を拭き、パンツとズボンを洗うのは
本当に大変。
 
でも、
 
「なんで早く言わないのっ?」
 
nogumi08toito
 
と言いたくなる気持ちをぐっと堪えて、
 
「あ~、間に合わなかったね。残念だったね」
 
と悲しそうな顔で伝えましょう。
 
ママが悲しそうな顔をしていることで、
「おしっこを漏らしちゃうとママは悲しいんだ」
ということが充分伝わります。
 
うちの息子も、最初のうちは成功と失敗は
五分五分(いや、もっと勝率が低かったかも)
でした。
 
また、ほぼ完璧にトイレでおしっこが
出来る日もあれば、
お漏らしばかりしてしまう日もありました。
 
それを繰り返しながら、少しずつ
「おしっこしたい」
という感覚をつかみ、尿意をコントロール
できるようになって行きます。
 
大人にとっては
当たり前の行為ですが、
トイトレを始めたばかりの
小さい子どもにとっては
尿意のコントロールは難しいもの。
 
おしっこが出来た時は一緒に喜び、
失敗した時には一緒に悲しみ、
子どもの気持ちに寄り添いながら
トイトレを進めましょう。
(時には叱っちゃうこともありますけどね(笑))
 
お漏らしをしても対処しやすいよう、
カーペットや畳の部屋には
コルクマットなどを敷いておくといいですよ。
 
また、最初のうちはなかなか自分から
「おしっこに行きたい」
と言わないので、
おしっこの間隔をママのほうで意識し、
 
「そろそろおしっこ行こうか」
 
と誘うようにすると、お漏らしをかなり
回避できます。

楽しいトイトレのための工夫

少しでも楽しくトイトレをしてもらうために、
我が家で実施していた方法をご紹介します。
 
・トイレでおしっこが出来たらご褒美シールを貼る。
(我が家ではカレンダーにシールを貼っていました。
その日に何回成功したかがわかって便利でした)
 
nogumi09toito
 
トイレに行く時、
お気に入りのぬいぐるみを一緒に連れて行き、
「おしっこ出るかな~。出たー!やったね!」
と応援してもらう。
 
トイレに行こうとしない時は、
「○○君はトイレでおしっこしないの?
僕、おしっこしたくなっちゃったからトイレ
行ってくるね~」
と言いながら先にぬいぐるみをトイレに
連れて行ったりもしていました(笑)
 
お気に入りのキャラクターがついた
補助便座を用意する。
(ちょっと高いけど、まぁそれなりに長い間使う物なので…)
 
大変なことも多いトイトレですが、
うまく子どものモチベーションを上げながら
楽しく続けて下さいね。

 
ちなみに我が家では、
子どもがトミカ大好きなので
トイトレのとき&今でも冬場限定で
このシーツを使ってます。
 
冬っておねしょされても
急に雨や雪が降ったりして
布団を干しても乾かない場合が多くて困りますよね。



車中泊専用って書いてるんだけど、
実際、家で使ってる人も多いみたい。
 
布団に行ってからも遊びだすというデメリットもあるんだけど、
子どもが機嫌よくお布団に向かってくれるので
かなり重宝してます。

まとめ

  • トイトレの開始時期は人それぞれ!周りの話や一般論に振り回されず、自分と子どものペースで進めましょう。
  • トイトレはノーマルパンツで始めましょう。お漏らしをした時の不快感がわかりやすいのでトイトレが進みやすくなります。
  • お漏らしをしても叱らないようにしましょう。
  • 成功したらシールを貼る、ぬいぐるみと一緒にトイレに行く…など、子どもが楽しくトイトレ出来るように工夫しましょう。

 
私は、周りの話や雑誌の情報に振り回されて、
子どもの準備が調わないうちにトイトレを
始めてしまい、とても後悔しました。
 
子どもとママの準備がちゃんと調えば、
トイトレは本当にスムーズに進みます。
 
トイトレって、構えくちゃいけないほど
難しいことでも、大変なことでもないんです。
 
焦らなくても、いつかちゃんと自分でトイレに
行けるようになります。
 
これを読んだママならもうこう思えるはず!
 
「なーんだ。不安になって損しちゃった。
トイトレって別に大したことないじゃん」
 
安心して、楽しくトイトレを進めて下さいね!!
 
(…と当時の私にも言ってあげたい笑)
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
カノン

カノン

はじめまして。カノンと申します。 40代半ばの専業主婦。夫と4歳の息子の3人家族です。 不妊治療の末、高齢出産でなんとか長男を授かりました。 電車好きの息子を溺愛するあまり、ママ鉄になってしまいました(笑) 色んなことがありながら、なんとか4歳まで育ってくれた息子との子育て記録をここに書き溜めてます。 一人でも、悩んでいるママを助けたいと思ってます~