Pocket

kawami04asobi
 
はぁ〜
またご飯で遊んでる・・・

と毎日の食事時間が
憂鬱になっているママさん!
 

愛情込めて
一生懸命作ったご飯を、
手でべちゃべちゃと
遊んでいるのを見ると
せっかく作ったのに〜!
ちゃんと食べろー!

とイライラしちゃいますよね。
 

私の娘も、
食べ物を手に持たせても
口には運ばず、
 
手で遊んでは
ポイッとテーブルの下に投げて、
そのたびにイライラして
だんだん愛情ご飯を作る気力が
無くなっていきました…。
 
いざ子供に
『食べ物で遊んではいけない!』
と教えようと思っていても
 
どのタイミングで、
どうやって言い聞かせたら良いのか、
疑問はたくさんありますよね。
 
そこで今日は、
食べさせるときのしつけ
についてお話していきたいと思います!
 
遊び食べを理解し、
対策をすることで、
 
ママにとっても
赤ちゃんにとっても
ストレスのない
楽しい食事タイム
を過ごしましょう♪

スポンサーリンク

手づかみ食べはいつから?

kawami02asobi
 
手づかみで食べ物を食べるようになるのは
個人差はありますが、
 
だいたい生後9ヶ月頃です。
 
手づかみに興味を示し始めの頃は、
自分で掴んで食べる!ということよりも
食べ物の手触りや感触を楽しんでいます。
 
口に持っていく様子がなく、
べちゃーっと遊んでいるのを見ると
 
「もったいない!」
とつい叱ってしまいそうになりますが、
 
ここで強く
「ダメ!」
と叱ってしまうと、
赤ちゃんにとって食事時間は
つまらない時間と認識させ
 
せっかくの食への好奇心を
摘んでしまう可能性があります。
 
実際に私が
そのような失敗をしてしまいました…。
 
離乳食中期に入った娘が
食べ物を投げているのを見て、
 
私はとっさに強く
「ダメ!!」
と叱ってしまい
それから生後11ヶ月頃まで
食べ物に手を伸ばさなくなりました。
 
手づかみのメニューを出しても、
大好きなお菓子を手に持たせてみても、
なかなか口に持って行かず
とても苦労しました…。
 
では、赤ちゃんに
『食べ物で遊んではいけない』
と教えるためには
 
強く叱る以外に
どのような方法があるのでしょうか。

どうやってしつけたらいいの?

kawami05asobi
 
まず最初に、
食事中はテレビを消して
おもちゃなど赤ちゃんの気が散る物は
周りに置かないようにしましょう。
 
きちんとテーブルについて食事をすることで、
遊びと食事の境界線を
明確にすることが大切です!
 
そして赤ちゃんが
手づかみ食べに挑戦するときには、
 
ママが「上手に食べられるかな〜?」と
優しく声を掛けながら自分で食べさせてみて、
上手に食べることが出来たときには
 
「わぁ〜!すごいね〜!」と
たくさん褒めてあげましょう!
 
もし、ご飯をポトッと落としてしまっても
 
「よし!次はどうかな?」
「今度は上手に出来るかな?」

 
と何度でも声を掛けて
応援してあげてください♪
 
わざとご飯を投げたり
落としたりしたときは、
 
思わず怒鳴ってしまうのを我慢して
 
「お口に入れるんだよ?」
「ポイッてしたらもう食べられなくなっちゃうよ?」

 
と表情や声のトーンで
良くないことを教えてあげましょう。
 
赤ちゃんはママの表情や雰囲気を感じ取れるので、
怒鳴ったりするよりも効果的です!
 
このように、きちんとコミュニケーションを取ることで
赤ちゃんにとっても食事が楽しい時間となり、
進んでご飯をパクパク食べてくれるようになりますよ♪

良い遊び食べと悪い遊び食べ

kawami03asobi
 
『遊び食べ』は大事な成長の過程なので
全てをやめさせる方法はNGですが、
 
なんでもかんでも
ニコニコ許してしまうのもダメです。
 
『遊び食べ』には
良いものと悪いものがあり、
 
その状況に合わせて、
見守るか注意をするか判断しましょう。
 
良い遊び食べは、
赤ちゃんに食べる意欲の見えるものです。
 
食べ物をべちゃっと掴んでも、
ぐちゃぐちゃっと混ぜていても
 
それを自分で食べようとする意欲があれば、
止めないで大丈夫です。
 
対して、赤ちゃんの食べる意欲が薄く、
食べ物をおもちゃとして扱っているようなら
 
それは悪い遊び食べになるので、
必ず止めるようにしましょう!
 
いつまでも食べる気が無い様子であれば、
ご飯を片付けてしまってください。
 
ちなみに私は最初、
この遊び食べの良い悪いの判断が難しくて
 
「食べるの?食べないの?どっち???」
 
と心の中で止めるべきか見守るべきか、
すごく葛藤がありました(笑)
 
きっと私以外のママさんも
最初はそうだと思います!
 
でも慣れてくると
パパッと的確な判断が出来るようになりますよ♪

落ち着いて言い聞かせるために

kawami06asobi
 
赤ちゃんに怒らず落ち着いて言い聞かせるためには
ママの心に余裕を持つことが大切です!
 
前提として
「赤ちゃんは遊びながら食べるものなんだ」
と割り切って考えちゃいましょう!
 
また、イライラしてしまう原因を
事前に減らすことで、
 
心にゆとりを持って
食事タイムを過ごしましょう!
 
そこで私が実際に試して
効果的だった方法を紹介します!
 

  • 手づかみ食べをさせる分だけを赤ちゃんの目の前に出し、残りはママの手元に置く。
  • 食べ物を落としても汚れが気にならないよう赤ちゃんの椅子の下にはシートや新聞紙を敷く。
  • 赤ちゃんの服は汚れても良いものにする。
  • ポケットの付いているプラスチック製のスタイを使用する。

 
最後のポケットの付いている
プラスチック製のスタイは、
 
赤ちゃんの口から
ポロポロと溢れてしまったご飯をキャッチし
そして丸洗いできるのでとても楽でした!
 
食事中のイライラに悩んでいるママさんは、
ぜひ試してみてくださいね♪

さらにその後、
袖付きエプロンを発見して
こっちだと服がほとんど汚れないので
激しく遊んじゃうお子様だと
こっちの方がおススメです!

まとめ

  • 手づかみ食べの最初の頃は、食べ物の手触りや感触を楽しんでいる!
  • 遊び食べを強く叱ってやめさせようとすると、赤ちゃんにとって食事の時間=つまらない時間になってしまう。
  • 自分で食べさせるときには優しく声を掛けてあげて上手に出来たら思いっきり褒めてあげる!
  • 上手に出来なくても、何度でも応援してあげる!
  • わざとご飯を投げたりしたときは、表情で良くないことだと伝える。
  • 『遊び食べ』には良いものと悪いものがあり、悪い遊び食べをしているときは必ず止めるようにする!
  • 赤ちゃんに食べる気が無さそうならご飯を片付けましょう。
  • 赤ちゃんに落ち着いて言い聞かせるためには、ママの心に余裕を持つことが大切!
  • 食事中にイライラしないために、事前にいろいろな準備をしておく!

 
楽しい食事タイムにするには、
ママが心に余裕を持ち、
 
『食べ物を粗末にしてはいけない』
ときちんと教えてあげる必要があります。
 
ママのその努力が、
赤ちゃんの食事の楽しさに繋がり、
食卓が笑顔で溢れ、
楽しい時間に繋がっていきますよ♪
 

スポンサーリンク

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
kawamitsu

kawamitsu

私は1993年生まれの現在23歳です。1歳の娘を子育て中! 生まれも育ちも沖縄ですが、幼少の頃、数年だけ静岡で暮らしていたこともあります!家族で沖縄に越してきたとき、転校先の小学校のクラスメイトに「雪を見たことがある」とよく自慢したものです(笑) 出産を機にアニメにハマっています!『鋼の錬金術師FA』『NARUTO』『ハイキュー!!』『スラムダンク』『ジョジョの奇妙な物語』を観ています(笑) 私の子育て体験が新ママさんのお役に立てればと思い、私の子育て体験記を書かせてもらっています。宜しくお願いしまーす♪