Pocket

rakkokurai01
 
産後ママは、パートナーである夫に対して、
最近こんなことを考えたことありませんか?
 

  • 夫と会話するのが嫌になった
  • 夫に触れられたくないし、キスもしたくない
  • 赤ちゃんに触らないでほしいと思う
  • 子育てに協力的じゃなくて、むかつく
  • この人とずっと一緒だと思うと憂鬱になる
  • 離婚という言葉が頭をよぎる

 
上記に2つでも
チェックがついた産後ママ!
 
ちょ、ちょっと待って!!
その悩み放っておくと
あなた、離婚してしまうかもしれませんよ!
 
それは産後クライシスと言われる、
夫婦の危機です!!
 
私も第一子出産の時に
同じように悩みましたが、
 
あることを試したので、
今はとても夫婦円満です。

 
今訪れている夫婦の危機を、
二人で協力して解決させられたら
本当にお互いを信頼しあえる
素敵な夫婦関係になれますよ!
 
離婚の話がでる前に、
一人で悩んでいる旦那を嫌いになりそうな
産後ママに読んでほしい!
 
産後クライシスを防ぐために
私が試してよかった
6つの解決方法をお教えします!

スポンサーリンク

そもそも産後クライシスって何?

rakkokurai02
 
言葉自体は
NHK番組内で作りだされた造語で
 
『産後2年以内の夫婦におこる、
愛情が冷え込む状態のこと』
 
を指します。
 
産後2年以内というのは、
子供が0歳~2歳の時、育児の中で
一番世話が大変で手がかかる時期ですね。
 
なんとこの期間に
離婚率が高くなっているという結果が
厚生労働省からでています。
 
これは「子育てをひとりで頑張ろう」という
責任感が芽生える反面
 
産後ママの孤独感を強くさせてしまい、
どんどん夫との距離が生じてしまうからなんですね。
 
産後ママが思う以上に、
出産という大仕事を終えた女性の体には
肉体的にも
精神的にも

負荷がかかっています。
 
そこで最大の協力者になるのが、
やはり『夫』なんですよ!
 
以下の6項目を読んで
夫に「私、産後クライシスになっちゃった」と
カミングアウトして、
旦那さんの理解を得て、
産後クライシスの危機を乗り切りましょう!

1.産後の女性に起こる生理的現象を理解してもらう

rakkokurai03
 
産後はイライラしてしまうこと、
不安感に襲われたりして、
なぜか涙がでてしまったり
掃除も家事もしたいのに
思うようにできないことありますよね。
 
産後ママには
根性論ではどうすることもできない
 
身体的・精神的変化がおこる事を
前もって知ってもらいましょう。
 
医学的見解から論理的に説明したほうが
男性は納得しやすいですよ。
 
原因は妊娠中に増えていた、
『エストロゲン』
『プロジェステロン』
という2つの女性ホルモンが
産後、急激に下がることにより
自分でコントロールできないくらいの
情緒不安定状態に陥ることがあります。
 
それに慢性的な寝不足により、
自律神経の乱れがおこって
脳内物質のセロトニン(幸福物質)
の分泌を減少させたりしてしまいます。
 
だから、産後は
うつになりやすいんですよ。
 
まずは、夫に産後ママの状況を
わかってもらうことが必要ですね。

2.事前に夫と両親学級に参加しておく

rakkokurai04
 
できれば妊娠中に夫婦で
『両親学級』や『父親学級』
に参加してもらいましょう。
 
より出産への理解を深めてもらう
いい機会です。
 
周りには、
同じ父親になる人同士が参加するので、
父親になるという自覚をもってもらう、
第一歩になります。
 
助産師さんが人形をつかって、
赤ちゃんのお世話の方法や、
出産に関するお話、
産後ママがどのくらい大変なのかを教えてくれますよ。
 
産後、お住まいの自治体で
助産師さんに相談すれば、
両親学級のように個別で
育児の相談にのってくれたりします。
 
男性同席だって大丈夫ですよ!

3.子供がいる夫婦と一緒に遊んでみる

rakkokurai05
 
これは夫婦共通の友人がいる場合や、
父親同士が友達じゃなくてもとても効果的です。
 
先輩夫婦に
育児がどんなものなのか、
どう楽しいものなのか、
いままであった大変な話
など、
 
なかなか聞けない話を
気軽に話題にすることができるからです。
 
私は夫の実家に嫁いだので、
周りは知らない人だらけですが
夫の同級生の集まりに呼んでもらい
家族ぐるみの知り合いが出来ました。
 
子供も参加するので、
扱いになれるにも丁度いいですね。
 
育児中、ママは孤独になりやすいですが、
男性も出産後、母子の絆の深さを前にして、
『置いていかれた感』を感じるようですよ。
 
そんな夫の孤独も理解してあげて、
ほかの夫婦との情報交換の場を
設けることができると、
とてもいいですね。

4.夫を褒めて気分をあげさせる

rakkokurai06
 
「私が誉められていないのに!?」
と、眉をひそめる産後ママもいるかと思います。
 
まぁまぁ、落ち着いて!
まずは小さいことで構いません。
 
騙されたとおもって
夫を誉めてみましょう!

 
次のような、育児に関することで
褒めるのがおすすめです。

  • 「パパに抱っこされて○○ちゃん気持ちよさそうだよ」
  • 「パパにお風呂に入れてもらって○○ちゃん喜んでるね」
  • 「おむつ替え、私より上手だね!やるじゃん!」
  • 「○○君みたいなパパで、ママも○○ちゃんも幸せだよ~」

などなど。
 
こんなこと恥ずかしくて言えないよ~!!
という人は、
 
こんな風に赤ちゃんからの
セリフ風にするといいですよ。

  • 「抱っこはパパがいいのよね~」
  • 「パパの高い高い好きなんだよね~」
  • 「パパと遊ぶとたのしいよ~」

 
褒めると、誰だって悪い気はしませんよね。
 
「じゃぁ…またやろうかな」
と、男性は考えてくれます。
 
また日常のことで、
こうしてもらえて嬉しかったなど、
会話の中で少しでも『褒める』と、
なんでもやってみようかなと
協力的になってくれますよ。
 
ちなみに
他の男性と
自分の夫を比べるのは、
ご法度!

 
他人の夫を褒めようものなら、
自分の夫のやる気を
すべて削いでしまいかねませんよ。

相手にきちんと言葉にして伝える

rakkokurai07
 
家事・育児・掃除
産後ママの標準レベルに、旦那が達するには、
相当な時間と、労力が必要となります。
 
産後ママの体調が悪いときに、
何もしてくれない夫に
 
「こんなこともできないの!?」
 
といってしまったら
その場でゴングが鳴るかもしれませんね!?(笑)
 
夫は家事や育児もなんでも
言わないとやってくれません。
 
夫に対しては
きちんと言葉で伝えましょう。
 
わかっているだろうでは、
絶対にいけません。
 
ある子育ての先輩が、
産後ママを手伝う夫に対して
 
『バイトに新人がはいってきたと思え』
 
という名セリフを
誕生させたくらいですから、
 
夫婦には言葉のコミュニケーションが
必須なんですね。
 
早いうちに
『すこし家事育児をやってくれる旦那』
に仕上げるのが、
 
産後クライシスを防ぐ
1つの大きなポイントですよ。

赤ちゃんの頭のにおいを二人でかぐ

rakkokurai08
 
最後は赤ちゃんを抱っこした時に
夫婦一緒に赤ちゃんの、
頭頂部分のにおいを嗅いでみてください。
 
よく、
「赤ちゃんはいい匂いがするね~」
と言いますよね。
 
それにはちゃんとワケがあるんです。
 
においの科学では、
赤ちゃんが発する、
甘いようなにおいは
『オキシトシン』という、
幸せ・恋愛ホルモンを
出しているんです。
 
これは赤ちゃんが
自分を可愛いと思ってもらい、
愛してもらい、
夫婦で協力して、
自分を育ててもらえるようにするために
発しているんですよ。
 
また脳内で天然のアヘン剤とも呼ばれる
エンドルフィンが私たちの母性本能・父性本能を
刺激してくれてるんですよ。
 
赤ちゃんのとってもすごいこのパワーを
ぜひ使ってみてください!
 
私はこれを妊娠中に知ったので、
生まれてから夫婦一緒に
毎日、くんくん…。
これが産後クライシスを防ぐ
生物学的にみて、
最良の方法かもしれません。

まとめ

旦那を嫌いになりそうで悩んでる
産後ママに試してほしい
産後クライシスを防ぐ、
私がおすすめする解決法をまとめると
 

  1. 産後ママの状況を知ってもらう
  2. 両親学級、父親学級に参加してみる
  3. 子供がいる先輩夫婦とあそんでみる
  4. 夫を褒めて味方につける
  5. 伝えたいことは言葉にする
  6. 赤ちゃんの頭のにおいを二人で嗅いでみる

 
6つのうち、
できることからやってみてくださいね。
 
夫は誰しも、産後ママのガルガル期が必ず経験します。
産後ママの本能が、愛する家族を守るためにそうさせるのでしょう。
 
それなのに、
すれ違ってばかりで
夫婦仲を悪くするなんて
もったいない!
 
今訪れている夫婦の危機を、
二人で協力して解決させられたら
本当にお互いを信頼しあえる
夫婦関係になれますよ!
 
産後ママはひとりで悩まないでこの対処法で
産後クライシスを防ぎましょうね!!
 

スポンサーリンク

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
らっこ

らっこ

初めまして、らっこと申します。1984年東京都 生まれ。静岡在住。 やんちゃ な2歳と0歳児 の女の子のママです!小鳥が大好きで、いまも文鳥を飼っています。趣味は写真撮影。自分の子供たちを撮るのに夢中です!!子育てしてると色々なこともあり、誰かに伝えたいことが沢山でてきます。自分の失敗談や困ったことや笑ってしまう事、また知っておくと損はない情報を今ママの人やこれからママになる方に分かりやすくお伝えしたいな、と思っています!