Pocket

kawami00rinyuu
 
はぁ〜離乳食作り憂鬱だなぁ、、、
と初めての離乳食作りに
不安を抱いているママさん!
 
実はコツさえ掴めれば、
離乳食作りは
そんなに難しくないんです!
 
今日は、離乳食作りに
頭を抱えているママさんに、
離乳食作りと食べさせ方について
お話していきたいと思います!
 
特にこれからママになるプレママさんは
一度、この文章を読んで頂けたら
離乳食作りについてのハードルが絶対に下がります。
 
これから実践する離乳食作りや
食べさせ方のコツを学んで、
我が子に愛情たっぷりの
離乳食を作ってあげましょう♪
 

スポンサーリンク

離乳食期

kawami01rinyuu
 
これまで母乳やミルクが
メインだった食事から、
固形食をメインにした
食事になるまでの移行期を
「離乳期」といい、
その期間に適した食事を
「離乳食」といいます。
 
離乳食期は

  • 「初期」
  • 「中期」
  • 「後期」
  • 「完了期」

の4つに分けられます。
 
この4つの期間で
少しずつ固形に近づけていきますが、
赤ちゃんによってそれぞれペースが違うので
あくまでも参考程度にしてくださいね。

離乳食はいつから?

離乳食開始時期の目安は、
生後5ヶ月〜6ヶ月頃です。
 
しかし、赤ちゃんによって
個人差があるので、
 
必ずこの時期に離乳食が
始められるというわけではありません。
 
赤ちゃんの成長に合った時期に
開始していきましょう♪
 
離乳食を始めるタイミングとして、

  1. 生後5ヶ月を過ぎた。
  2. 首がきちんとすわっていて、支えがあればお座りが出来る。
  3. 大人が食事しているのを見て口をモグモグと動かしている。
  4. 赤ちゃんの口にスプーンを添えても、舌で押し出さない。
  5. 赤ちゃんの体調や機嫌が良い。

これら5項目のことが
多く当てはまってきたら、
離乳食を開始してみましょう!
 
ちなみに私の娘は、
生後5ヶ月になって離乳食を始めてみたところ
 
上手く飲み込めず、
お粥がすぐに口からこぼれてしまっていました。
 
娘も食べるのを泣いて嫌がっていたので、
1ヶ月期間を空けて、
生後6ヶ月過ぎから再挑戦しました!
 
思い切って期間を空けたことで、
娘の心と身体の準備をする時間ができ、
それからはすごくスムーズに離乳食が進みました!
 
赤ちゃんに離乳食を
嫌がる様子があった場合は、
思い切って時間を置き、
準備をさせてあげることも大切です。
 
ゆっくり赤ちゃんのペースで
進めていきましょう♪

離乳食初期《ゴックン期》

離乳食を初めてから約2ヶ月は
ゴックン期と呼ばれる時期です。
 
このゴックン期では、
食べ物を上手に飲み込むことが目標なので
食べる量や栄養バランスは
気にしなくて大丈夫です!
 
食事の回数は1日1回。
 
アレルギーの反応があった場合、
すぐに病院へ連れて行けるよう、
午前中に与えるようにしましょう!
 
最初の1週間は
10倍粥を小さじ1から始め、
 
2~3日ごとに
小さじ1ずつ増やしていきます。
 
お粥に慣れてきたら
野菜をメニューにプラスします。
 
1ヶ月はお粥と野菜だけを
組み合わせて与え、
 
2ヶ月目に入ってから
タンパク質を加えていきます。
 
タンパク質などは
アレルギーを引き起こす食材が多くありますが、
 
アレルギーを確かめるのには、
病院で検査をしてもらうか、
実際に食べさせることしか
方法はありません。
 
kawami03rinyuu
 
私も、
もしアレルギーの反応があったらどうしよう、、、と
慣れない離乳食で
不安が多かったのをよく覚えています。
 
万が一のことを考えて、
初めての食材を食べさせる際は、
一度にたくさん与えず、
赤ちゃんの機嫌や発疹、下痢などに注意して
慎重に与えるようにしましょうね!

調理方法とオススメ調理器具!

離乳食初期の調理方法は、
具材を柔らかく茹でて火を通し、
裏ごし器などでペースト状にします。
 
この裏ごしの作業が
とても大変ですよね。
 
kawami05rinyuu
 
私もすごく時間が掛かってしまい
娘に何度も泣かれました…
 
裏ごし器での作業に不安がある場合は、
フードプロセッサーやブレンダーなどの
調理器具を使用することをオススメします!


私はこれらの調理器具を知らずに、
ひたすら裏ごしをしていたので、
後からその存在を知ったときはショックでした…
 
実際にハンドブレンダーを使用した友人は、
「一瞬でペースト状になった!」と言っていて、
私も次の子は使おうと決めました!(笑)
 
また、時間があるときにたくさん作って
製氷器などでフリージングしておくと、
食べるときに温めるだけなのでとても便利でした!
 
豆腐や卵など、
フリージングできない食材もありますが、
 
お粥や野菜のペースト、
出汁、野菜スープなど、
よく使用するものを
フリージングしておくだけでも
 
毎回の離乳食作りが
とても楽になるのでオススメです♪
 

食べてくれないときは?

せっかくママが愛情を込めて作った離乳食、
赤ちゃんに喜んで食べてもらいたいですよね♪
 
そのためには、赤ちゃんに
『食事=楽しい』
と思わせることが大切です。
 
ママがニコニコして
声を掛けながら食べさせてあげましょう♪
 
私は娘が
なかなか食べてくれないときは
一旦中断して、
 
娘の目の前で
「美味しいな〜!」
とニコニコしながら
私がご飯を食べて見せてました!
 
興味が出てきたかな?
と思ったら再チャレンジ!
 
するとママの真似をしたのか、
口を開けてくれました♪
 
赤ちゃんのお腹が空き過ぎていると、
母乳やミルクが欲しくて
泣いて嫌がる子も多いので
 
空腹で泣く前に
離乳食を与えるようにしましょう。

 
今日はダメそうだなと感じたときは、
無理にあげる必要はないので、
諦めて離乳食を切り上げちゃいましょう!

離乳食中期《モグモグ期》

kawami06rinyuu
 
離乳食を始めてから、
だいたい1ヶ月〜2ヶ月が経った頃になると
モグモグ期と呼ばれる時期に入ります。
 
離乳食中期のモグモグ期では、
モグモグと口を動かし、
舌で食べ物を潰して飲み込む練習をします。
 
離乳食初期で
上手にゴックンができるようになっていて、
嫌がらずに食事ができていたら、
食事の回数を増やし、
ご飯は10倍粥から7倍粥に、
野菜などの食材は少し食感のある固さに
進めてみましょう!
 
離乳食中期の食事の回数は
1日2回。
 
1回目は午前中にし、
新しい食材を試す場合はこのときにしましょう。
 
2回目は前の食事から
3〜4時間空けて与えるか、
 
一度授乳を挟んでから
次の授乳時間を離乳食にします。
 
午後の離乳食では
普段食べ慣れた物を与え、
量は1回目の食事の1/3から始め、
徐々に増やしていきましょう!

調理方法とちょっとしたコツ!

離乳食中期の調理方法は、
茹でてつぶす、
煮てほぐす、
などシンプルでOK!
 
裏ごし地獄からは
ひとまず脱出ですが、
 
まだまだ手間を掛けて
柔らかく食べやすくしてあげてくださいね!
 
固さの目安としては、
舌でつぶせるくらい、
豆腐と同じくらいの固さ
と覚えておきましょう♪
 
この時期は
食べられる食材が増えてきます。
 
その中でも、比較的に調理しやすく、
且つ他の食材と
組み合わせやすい食材には、

  • ひきわり納豆
  • 豆腐
  • ヨーグルト
  • りんご
  • トマト

など、
これらの他にもたくさんあります!
 
調理しやすい食材を
組み合わせることで
忙しい日の離乳食作りを
手短に済ませちゃいましょう!
 
調理にどうしても時間が掛かってしまうものは、
一気に調理してフリージングしておきましょう♪
 
毎日の離乳食作りを
どう手軽に済ませるかが、
離乳食を楽しく進めるコツですよ!

手づかみ食べへの第一歩

この時期の赤ちゃんは
とても好奇心旺盛で、
食べ物を手で触ったり
掴んだりしようとします。
 
べちゃべちゃと
食べ物で遊んでいるのを見ると、
せっかく頑張って作ったのに、、、
と溜め息をつきたくなりますよね。
 
しかし、これは食べる事への
興味が出てきている証拠!
手づかみ食べへの第一歩です!
 
手づかみ食べは、
食への好奇心や興味を育てると言われています。
 
食事の前には
赤ちゃんの手を綺麗にして、
なるべく赤ちゃんの好きなように
食べさせてあげましょう♪
 
私は、赤ちゃんの目の前に
食事を全て出すのではなく、
掴みやすく、
触っても汚れにくいものだけを
別の器に入れて、
赤ちゃんの目の前に出していました!
 
そうすることで、
ご飯を全てひっくり返されることもなく、
ママも気持ちも楽になるので、
オススメですよ♪

離乳食後期《カミカミ期》

生後9ヶ月〜10ヶ月くらいになると、
赤ちゃんはカミカミ期という
時期に入ります。
 
もちろん、離乳食の進み具合には
個人差があるので、
赤ちゃんの様子を見ながら
移行しましょう!
 
生後9ヶ月頃になると、
個人差はありますが
歯が数本生えてきている赤ちゃんが多いです。
 
まだ生えてきていない子でも、
歯茎が硬くなってきています。
 
これまで舌でつぶしていた食事を
歯や歯茎で噛もうとしている様子が見られたら、
カミカミ期へ移行する準備が
整ってきている証です!
 
口の中に入れた食べ物を
すぐに飲み込まず、
 
モグモグと噛む動きをしていたら
カミカミ期へ移行します!
 
もし、食べ物を口に入れて
すぐ飲み込んでいる様子であれば
胃に負担が掛かってしまうので、
モグモグ期を継続しましょう!
 
カミカミ期からは
朝・昼・夜(夕方)の
3回食になります。
 
お粥は7倍粥から5倍粥へ、
 
野菜やタンパク質などの食材は、
フォークなどで軽く抑えたときに
簡単に潰れるくらいの固さへ進みます!
 
味付けはまだまだ薄味にしますが、
風味付け程度に少量の調味料を使って
味にバリエーションを増やしていきましょう♪

上手に息抜きしながら離乳食作り!

離乳食後期の調理方法も、
しっかり火を通して
細かく刻んであげる、
などシンプルでOK!
 
離乳食後期になると、
ミルクの量が自然と減ってきて
離乳食から栄養を摂る割合が
大きくなります。
 
この時期は特に
鉄分が不足しやすいと言われているので

  • ほうれん草
  • レバー
  • ひじき
  • まぐろ

などなど
 
鉄分の多く含まれている食材を
取り入れてあげましょう♪
 
この時期は、食べられる食材や食べる量が
グッと増えるので
毎食すべて手作りだと忙しいママにとっては大変ですよね。
 
そのときは市販のベビーフードなどを活用して
上手く息抜きをしながら
離乳食を進めていきましょう。
 
私も、丸々1食ベビーフードなんてこと
よくありました!
 
市販のホワイトソースや粉末だしなどは、
離乳食作りの必需品になっているほど
愛用していました!



 
すべて手作りじゃないといけない事はありません。
 
忙しいときや疲れているときは、
離乳食作りを休憩して
たまにはベビーフードに
頼っちゃいましょう♪

手づかみ食べと注意点!

kawami02rinyuu
 
赤ちゃんが手で食べる事に
興味を持ってきたら、
野菜をスティック状にしたものや、
りんごの薄切りなど、
食べ散らかしても汚れにくい食材を使って
手づかみ食べに挑戦してみましょう♪
 
手づかみ食べをすることは、
赤ちゃんの食への興味が広がり、
「つかむ」「口まで持っていく」
の行程を繰り返すことで
手や指先の発達を促す
メリットがあると言われています。
 
上手に口へ運べるようになると、
赤ちゃんも達成感を覚え、
今までよりも楽しく
食べられるようになりますよ♪
 
最初は上手くいかずに、
ポイッとしてしまうこともあると思いますが
ここで怒ってしまうと、
手で掴むこと自体をやめてしまう場合があります。
 
温かい目で見守ってあげることが大切です!
 
私の娘は、手で触っても
口に持っていこうとせず、
ベタベタと触った後に
お皿の外に並べて遊んでました…
 
あぁ〜もったいない〜
と少し泣きそうになりましたが、
そこはグッと堪えて、
ニコニコしながら娘の並べたご飯を食べました(笑)
 
手づかみ食べに慣れると、
自分でパクパクと食べてくれるので
その間に洗濯を回したり、
部屋の片付けをしたり、
家事を済ませておきたくなりますよね。
 
しかし、赤ちゃんは
食べ物を口の中いっぱいに詰め込んでしまい
喉に詰まらせてしまう可能性があります。
 
手づかみ食べに慣れてきたとしても、
食事中は赤ちゃんから
目を離さないようにしましょう!

離乳食完了期《パクパク期》

個人差はありますが、
おおよそ1歳〜1歳半までの間は、
パクパク期と呼ばれる
離乳食仕上げの時期になります!
 
離乳食後期で
1日3回の食事が出来るようになり、
食材を歯で、歯茎で噛んで食べることが
出来るようになっていれば
パクパク期に移行してみましょう♪
 
離乳食完了期では、
後期よりもさらに
食べられる食材の量が増えます!
 
これまでと同じように、
初めての食材は慎重に与えましょう。

調理方法とコツ

離乳食も終わりに近づいてきましたが、
まだまだ大人と同じものは
食べられません。
 
生ものや刺激の強い香辛料、
塩分油分の多いものは
3歳頃までは避けるようにしましょう。
 
野菜やタンパク質などの食材は、
肉団子と同じくらいの固さに調理し、
味付けは大人の料理の
1/3を目指して仕上げます。
 
ご飯は5倍粥から、軟飯と呼ばれる
通常飯の約2.5倍の水で炊いたご飯へ進みます。
 
軟飯はお粥のように
べちゃっとしていないので、
手づかみ食べにも対応出来ますよ♪
 
調理のコツは、
大人用に調理しているものから、
味をつける前に
上手く取り分けることです!
 
食材を茹でるときは、
赤ちゃん用のものを
穴開きオタマなどやザルなどで
先に鍋に入れておき、
数分経ってから大人用を入れることで、
赤ちゃん用をちょうど良い固さで
取り出すことが出来ます!
 
油を減らして調理することで、
赤ちゃん用に取り分けることも可能ですし、
 
さらにママたちの料理も
ヘルシーに仕上がりますよ♪
 
このように、大人用の調理方法に
ひと工夫加えることで
赤ちゃんの離乳食作りが
グッと楽になります!
 
離乳食作りも
ラストスパートです!
残りの期間も楽しく
離乳食作りをしていきましょう♪

食べさせ方を工夫しよう!

この頃の赤ちゃんは、
歩けるようになったり、
意思表示が出来るようになったりと、
いろいろな事を覚えて
出来るようになります。
 
ママが一生懸命楽しい食事タイムを
心がけていても、
 
食べているときに急に立って遊び始めたり、
一度口の中に入れたものを出して遊んだり、
苦手なものを拒否したり、、、
とイライラしてしまうことが多いですよね。
 
私の娘も、
現在この完了期に入っているのですが、
好き嫌いが少しずつ出てきたり
ずっと椅子に座ってくれなかったりと、
全部食べさせるのに
時間が掛かってしまって
何度もため息を吐きそうになっています。。。
 
そこで!私は、赤ちゃんに
離乳食をしっかり食べてもらうために、
いくつかのポイントを踏まえて
食事タイムを過ごすようにしました!
 
まず、食事中はテレビを消したり、
オモチャを片付けておくなど
赤ちゃんの気が散る物を
目の前に置かないようにします!
 
そして、ママも携帯を触らないなど、
声を掛けながら
離乳食をあげることに集中することで
赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら
食事タイムを過ごしましょう♪
 
また、苦手なものを食べてもらうために
好きなものと混ぜて与えてみたり
苦手なものから先に食べさせてみたり、
さまざまな工夫をしてみました!
 
ご飯の前にたくさん遊んであげたりして
お腹を空かせてあげると、
意外とすんなり食べてくれることもあります!
 
しかし、私の娘の場合は、
好物を先に見せてしまうと、
「そっちが食べたい〜!」
と怒ってしまうので
お皿の中身を見せずに、
苦手なものを食べさせていました!
 
一生懸命赤ちゃんの栄養を考えて
作っているだけあって
残してしまうと栄養バランスが
心配になると思いますが、
食べることそのものを
嫌がるようになってしまうと、
これからの食事に
影響が出てしまう可能性があります。
 
赤ちゃんが食べたくないと
泣いて嫌がるようなら、
無理に食べさせようとせずに、
諦めることも大切です。
 
赤ちゃんの機嫌が良い日に、
調理方法を少し変えてみたり
風味に変化をつけたりして、
また再チャレンジしましょう♪

まとめ

  • 離乳食期は「初期」「中期」「後期」「完了期」の4つに分けられる。
  • 4つの時期にあった固さで調理し、味付けは薄味を心がける。
  • 初めはお粥を小さじ1ずつ与え、徐々に増やす。
  • 裏ごし作業は、ハンドミキサーやブレンダーなどを活用する。
  • 一度にたくさん作って、製氷器などでフリージングしよう。
  • 初めての食材を与えるのは病院の開いている日の午前中に。
  • たまには市販のベビーフードにも頼って息抜きをしながら進めよう。
  • 手づかみ食べをさせ、赤ちゃんの食への興味を育もう。
  • 大人用の調理方法にひと工夫加えて、離乳食作りを楽にしよう。
  • 食事タイムはテレビを消し、赤ちゃんを離乳食に集中させよう。
  • 泣いて嫌がるときは諦めることも大切。

 
離乳食を楽しく進めるためには、
赤ちゃんにとって
食事は楽しいものだと思わせることと、
ママが上手に息抜きをしながら
離乳食作りをすることが大切です!
 
離乳食作りをしていく中で、
自分なりのコツを掴んで
ママの愛情たっぷりの離乳食を
楽しく作っていきましょう♪
 
長くなりましたが、
これが私の学んだ
離乳食の知識・体験です!
 
最後まで読んで頂いて
ありがとうございました。
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
kawamitsu

kawamitsu

私は1993年生まれの現在23歳です。1歳の娘を子育て中! 生まれも育ちも沖縄ですが、幼少の頃、数年だけ静岡で暮らしていたこともあります!家族で沖縄に越してきたとき、転校先の小学校のクラスメイトに「雪を見たことがある」とよく自慢したものです(笑) 出産を機にアニメにハマっています!『鋼の錬金術師FA』『NARUTO』『ハイキュー!!』『スラムダンク』『ジョジョの奇妙な物語』を観ています(笑) 私の子育て体験が新ママさんのお役に立てればと思い、私の子育て体験記を書かせてもらっています。宜しくお願いしまーす♪