Pocket

kosnogu053
 
将来、自分の子が他の子よりも
勉強や運動が出来なかったら
どうしよう。
 
学校で落ちこぼれたら
どうしよう。
 
そんな風に不安に思うこと、
ありませんか?
 

自分の子どもに
そんな思いをさせたくない。
出来れば、他の子よりも
秀でていて欲しい。
 
そのためには小さいうちから
習い事をさせたほうが
いいんじゃないか…
 
そんな風に悩んでいるママに
習い事をさせることで
どんな効果があるかということを、
私の経験に基づいて
お話したいと思います。
 

私は息子が1歳の時に
英語教材と幼児用の学習教材の
受講を始めました。
4歳からはスイミングも始めました。
 
うちの息子は多分(いえ、間違いなく)
天才ではありません(笑)
 
どちらかと言うと不器用で、
この先、勉強やスポーツで
周りの子についていけないのではないかと
不安に思うこともしばしばです。
 

だからこそ、息子が小さいうちから
習い事をさせようと思いました。
 
小さいうちから習い事をさせることで、
子どもの苦手をなくし、
得意を伸ばすことが出来ます。
 
周りの子よりも秀でたところを
たくさん持つ子どもに育てるために、
子どもの習い事、ぜひ始めましょう!!

 

スポンサーリンク

早期英語教育のススメ

kosnogukkw20
 
習い事の中でも、
特に早期に始めたほうが良いのが
英語教育です。
 
小さい頃から
英語の音に触れることで、
 
子どもの耳は英語の音を
しっかり聞き取れるようになるからです。
 

子どもが産まれたばかりの頃、
実は私達夫婦は英語の早期教育には
興味を持っていませんでした。
 
日本語もろくに話せないうちから
英語をやらせるなんて意味がない。
 
そんな風に考えていたくらいです。
 

そんな私の考えを大きく変えたのは
友人の経験談でした。
 
友人の子どもは小学6年生。
今は小学校から英語が始まります。
 
友人は、その子が小さい頃、
 
「こんなに小さいうちから、英語なんて必要ない」
 
そう考えて英語を習わせませんでした。
 

小学5年生で英語の授業が始まった時、
その子はまったく授業について
いけませんでした。
 

クラスのほとんどの子は
英語教室や家庭学習で
英語を勉強していて、

 
その子との差は
歴然としていたそうです。
 

子どもからその話を聞いた友人は
慌てて子どもを英語教室に通わせようと
したのですが、
子どもは英語自体に拒絶反応を示し、
 
「英語は絶対やらない!!」
と言い、英語教室には
通いませんでした。
 

友人は、子どもが小さい頃に
英語を習わせなかったことを
今でもとても後悔しています。
 

2020年には小学3年生から
英語教育が始まります。
 
学校で英語の授業が始まった時、
英語に拒絶反応を示して欲しくない。
 
興味を持って英語の授業に
取り組んで欲しい。
 
そのためには今から英語に触れて、
英語の楽しさを子どもに教えよう。
 

そう考えて、
私は子どもが1歳の時に
英語の教材を購入しました。
 
英語がペラペラになることを
望んでいるわけではありません。
 
英語を好きになって欲しい。
楽しんで欲しい。
 

それが一番の願いです。
 
実際、息子にとっては
英語は勉強ではなく
遊びの一つ。
 
教材を使って楽しく遊びながら
自然に英語を学んでいます。
 
発音に関しては私よりずっと良く、
RとLも使い分けています。
子どもの吸収力、
ハンパないです!!

 
英語は小さいうちから
始めるのがベスト!!
 
今は自信を持ってそう言い切れます。

幼児用教材は幅広い学習が可能

kosuwwhen52
 
息子が1歳から始めた幼児教材。
ご存知の方も多い
こどもちゃれんじです。
 

当時の息子は、
テレビやDVDにまったく
興味を示しませんでした。
 

でも、こどもちゃれんじの
DVDを魅せた時は
食い入るように
画面を見つめ、
笑顔を見せたり、
手を動かしたりして

とてもいい反応をしました。
 
息子には
この教材が合っている!!

 
そう確信して
受講を決めました。
 
幼児用教材のいいところは
その時期に必要なことを、
しっかりサポートしてくれることです。
 
一般的なお勉強だけではなく、
生活習慣(歯磨き、着替え)や
社会的ルール(順番を守る)など
 
広範囲にわたって
子どもの成長をサポート
してくれます。
 

息子はこどもちゃれんじに
どれだけ色々なことを
教わったか!!

 

子どもが興味を持って
取り組めるよう、
色々な工夫がされていて、
 
すごいぞ!
こどもちゃれんじ!!

と毎回感動しています。
 

  • 生活習慣
  • 社会でのマナー
  • 集団生活のルール
  • 年齢に応じた勉強

これらのことを
楽しみながら自然に
学習していくことが出来ます。
 

その時期の子どもに
どう接したらいいかという
親向けのアドバイスブックがあり、
親にとってもいい勉強になりますよ。
 
ベネッセ「こどもちゃれんじEnglish」

水嫌いな子にこそおススメのスイミング

kosnoguq504
 
息子は少しでも顔に水がかかると
大泣きするほどの水嫌いでした。
 
幼稚園では
夏の間プールがあります。
 
泣いて嫌がることはありませんが、
やはり本人はあまりプールが
好きではないようで、
 
「今日は風邪っぽいからプールはお休みにしようかな」
 
などと言って
よく休もうとしていました。
(もちろん毎回参加させましたが)
 

小学校に入れば
水泳の授業があります。
 
泳げない子は
とても肩身の狭い思いをすると
聞いたこともあります。
 

水が苦手だからこそ、
早いうちから水に慣れさせて
苦手意識を克服したほうがいい。
 
そう考えてスイミング教室に
通わせることにしました。
 

一緒に教室を見学に行き、
 
「ここでスイミングをやってみない?」
 
と聞いたら、
驚くほどすんなりと
「うん。やってみる」
と答えました。
 

スイミングに通い始めて数ヶ月。
 
あんなに水が苦手で、
顔に水がかかるだけで
号泣していた息子が、
 
今ではお風呂で
「見ててね!」
と言って、頭まで潜ったり
しています。
 

もちろん、まだ苦手意識はあり、
長い間顔を水につけたりすることは
できませんが、
 
スイミングを始める前と比べると
驚くほどの成長です!!
 

大きくなってから習わせようとしても
本人の苦手意識が強くなっていて
習うのを嫌がることが少なくありません。
 

水が苦手な子こそ、
早くからスイミングを始めることを
強くおススメします。
 

スイミングは全身運動なので
バランス良く体を鍛えることが出来ます。
 
体力もつくので、
風邪をひかなくなりますよ!!

まとめ

英語教育

子どもが小さいうちから
英語教育を始めることで、
子どもの耳が育ち、
英語の音を聞き分けられるようになる。
英語は早くから始めるのが絶対おススメ!!

こどもちゃれんじ

幼児用教材は勉強だけではなく
生活習慣や集団生活のルールなど
幅広い学習をすることが出来る。

スイミング

水嫌いな子ほど、
早くからスイミングを習わせるべし!!
風邪を引きにくくなって
体が丈夫になるというメリットもある。
 

子どもの習い事には当然お金が
かかります。
 
教室に通うことになれば
送迎が必要になり、
経済的、時間的に
負担がかかります。

 

ですが、子どもが小さいうちに
習い事を始めることは、
子どもの能力を大きく引き出すことに
つながります。
 
小さい子どもの持つ吸収力は
大人の想像している以上です!!
 
「あの時に習わせておけば良かった!」
 
後でそう思っても、
時間を巻き戻すことは出来ません。
 
「子どもの習い事は早くから始めるのが一番!!」
 
色々悩んだ末、私が出した結論です。
 

「いつから始めたらいいの?」
そう聞かれたら私は迷わず
こう答えます。
 
「今でしょ!!」
 
習い事をさせるかどうか
悩んでいるママ!!
 
子どもの明るい未来のために、
ぜひ習い事をさせてあげましょう!!
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
カノン

カノン

はじめまして。カノンと申します。 40代半ばの専業主婦。夫と4歳の息子の3人家族です。 不妊治療の末、高齢出産でなんとか長男を授かりました。 電車好きの息子を溺愛するあまり、ママ鉄になってしまいました(笑) 色んなことがありながら、なんとか4歳まで育ってくれた息子との子育て記録をここに書き溜めてます。 一人でも、悩んでいるママを助けたいと思ってます~