Pocket

335741

まだ病気未体験の
赤ちゃんを持つママにとっては
「風邪」という病気、
いつかかるのかと、
心配になりますよね。

うちの子は2人とも、
最初になった病気はやはり
「風邪」でした。

小さな体で咳をして苦しそうだったり、
鼻水で呼吸がしにくそうだったり…

我が子が病気になると、
本当にかわいそうで

「代わってあげられるなら代わってあげたい」

と当時はちょっと泣いたりもしながら、
心からそう思いました。

風邪をひかないまま、
大きくなる子どもはいません。

いつかは絶対にひいてしまう風邪。

その、いつかの日のために…

  • 風邪のひき始めってどんな症状?
  • 病院を受診する目安は?
  • おうちではどうすごせばいい?

などなど、知識として前もって
知っておきましょう!

新ママが疑問に思う、赤ちゃんの風邪に関することを我が家の看病体験を交えながら、お答えしていきたいと思います!

風邪のひき始めは?

 
赤ちゃんの風邪のひき始めの症状は、基本的に大人と一緒です。

鼻水が出たり、咳をし始めたり…喉の痛みなどは、訴えることができませんが、グズグズがいつもより酷いなぁというような、前ぶれ的なものは絶対にありますので、おかしいな思ったら、風邪を疑ってもよいと思います。
kosod0236
他にも、下痢とはいかないまでも、ゆるゆるうんちだったり、好きなものなのに食べないなぁ、飲まないなぁなどの食欲不振があったり、そういうのが風邪の兆候の場合もあります。

いつもと違うなぁ?というママの勘は、結構当たることが多いですよ。

長男は生後6か月の時に初めて風邪をひき、熱を出しました。

生後6か月というと、ちょうどお母さんからもらった免疫が切れると言われる頃です。本当にちょうど切れちゃったようで(笑)きっちりハーフバースディに熱を出しました。後から思えば、咳をしていたかも?グズグズがひどかったかも?と思い当たることがありました。

長男の初風邪…熱でしんどそうだし、何より鼻が詰まって苦しそう。

初めての鼻吸い器は、嫌がり暴れている中で無理にやってしまったので、血が出て、かなり焦りました!強くやりすぎるのは、鼻の内膜を傷つけてしまうので要注意です!

鼻吸い器は何回か使うことにより、吸い方や使い方が加減ができるようになります。最初はおっかなびっくりですけど、そこはチャレンジして乗り越えて下さいね!

風邪を引いてから、鼻吸い器がない!なんてことがないように必ず、購入しておきましょう!


これ、旦那がビビって全然できなくて困りました。ママ友に聞くと、どこの旦那さんも鼻吸い器を使うのが苦手、もしくは「やったことない」との答えが多かったので、あなたも旦那さんに頼るという気は持たないほうがいいと思いますよ。(笑)

受診の目安は?

job_doctor
風邪の受診の目安は、

  • 「機嫌が悪い」
  • 「食欲がない」

をひとつの目安と私は聞きました。疑わしいなと思ったら病院にいきましょう。

でも、その場合は他の感染症(インフルエンザや溶連菌など)が流行っているかどうかも要チェックです。病院に行ったのに違う病気になってしまったって話は「せっかく病院に連れて行ったのに!あるあるです」病院に行くってことは、新たなる病原体に触れる可能性もあるってことを肝に銘じておきましょう!

あと、低月齢であれば低月齢であるほど、風邪をこじらせて入院…なんて話もよく聞きます。うちの次男は、長男が幼稚園へ通っている頃に生まれたので、生後1か月になる頃からお迎えにも付き合わせていました。

しかも大雪の季節…幼稚園に迎えに行くと、お兄ちゃんのお友達がたーくさん寄ってくるんですよ。みんな赤ちゃん大好きだから、撫でてくれますし、ちゅーまでしてくれます(笑)案の定、生後1か月で風邪をひきました。

お母さんの免疫は一体どこへいったんでしょうか(笑)

あまりにも低月齢なので、2人目といえど心配で、病院へ連れて行きました。小さいという事で、即座に待合室の別室に案内してもらい、待たせてもらいました。

母乳を飲んでも、吐いてしまうことが多かったのですが、頻回授乳やミルクを飲ませるなど、脱水症状にならないように気を付けるように言われました。まだ小さかったためか、お薬は処方されませんでしたが、診ていただけただけで、ほっと安心できました。

小さいうちは風邪をこじらせて、肺炎などにもなりやすいそうです。なので、他の病気にならないように用心しながらも、病院に行かねばなりませんが、低月齢の場合は即受診がおススメです。

余談ですが、熱性けいれんのお話

 
少し話は脱線しますが、次男は風邪を引いて、熱が上がったときに熱性けいれんを起こしました。
kosod104
初めてなった時は夜中で焦りましたが、しばらくすると意識も戻り、いつも通り泣いていたので、翌日にどのくらいけいれん状態だったか、その後の様子を医師に伝えました。

熱性けいれんを起こすと、予防接種もしばらく控える必要があるので、お医者さんにしっかりとアドバイスをもらうようにして下さい。もし、熱性けいれんを何度も繰り返すようだと、てんかんなど他の疾患の可能性もあるので、必ず、検査してもらいましょう!

さらに最近の研究結果で熱性けいれんは遺伝するとの研究結果があるそうです!

ママかパパのどちらかが小さいときに熱性けいれんをおこしていないかご両親に聞いてみましょう!どちらかが熱性けいれんになっていたら、それだけでも事前準備ができます!対策も立てれます!要チェックです!

ちょっと余談になりましたが、風邪で熱が上がったときに「熱性けいれん」になった経験があるので、その情報もシェアしておきました。

おうちでできるホームケア

 
風邪の話に戻りますね。

子どもの風邪は、病院で診てもらえたり、お薬をもらったりしたから安心!というわけではありません。治すまでが重要ですし、風邪をひいて免疫力が落ちていると、他の病気にもかかりやすくなるので、注意が必要です。

長男の時、かかりつけ医によく注意されたのは「着せすぎ」。

熱があると寒いだろうと思って、服をたくさんたくさん着せて厚着をさせていましたが、赤ちゃんはまだ体温調節が苦手なので、厚着をさせればさせるほど、不必要に熱が上がってしまったり、汗をかき、また風邪をひく原因にもなったりするとのこと。

寒くならないように室内の温度を調整してあげながら、汗をかいているようなら少し薄着にする感じが良いそうです。

また、熱が出るとおでこを冷やすイメージがまだまだ強いですが、おでこよりも脇の下、太ももの付け根を冷やすのが熱を下げる効果ありです。ただ、冷えピタは誤飲などの事故がおこる可能性があるので、貼る場合は目を離さないようして下さいね。

あとは、赤ちゃんの風邪は脱水症状が一番心配なので、お茶などを飲める子はお茶を、母乳やミルクの子は少しずつ頻回授乳を心がけるようにしましょう!

ママは看病中、風邪をもらいやすいです。
316724
私も子どもが元気になった途端にダウンするということを何度も味わいました(笑)ママは看病中、手洗いうがい、マスクの着用などを心がけながら、赤ちゃんを診ましょう。

まとめ

 
すごく長くなりましたが、まとめると

  1. 風邪のひき始め、いつもと様子が違うは要注意!
  2. 受診の目安は「機嫌が悪い」「食欲がない」
  3. 熱性けいれんにもご注意下さい
  4. 厚着に気を付けよう
  5. 脇の下、太ももの付け根を冷やしてあげよう
  6. 脱水に気を付けて
  7. ママも風邪をもらわないように

いかがでしたでしょうか。私の経験上、初めて赤ちゃんが風邪になったとき、何も知らなくて、心配しすぎて慌ててしまうことが多かったです。なので事前準備・知識さえあれば、焦ることも少ないと思いますので「赤ちゃんの風邪について」は、しっかりと予習しておきましょう。

変に「風邪をひかさないようにしよう」なんて神経質に生活するのも無理がありますし、すごくストレスになります。赤ちゃんは絶対に風邪をひきますし、風邪などをひきながら、免疫を付けて強い体を作っていきます。だから、ママは風邪をひかさないようにするのではなく、風邪をひいても、適切に対処できるようになることが大切です。最初は大変ですが、すぐ対処に慣れると思います。それぐらい子どもはよく風邪を引きますので、覚悟しておいて下さい!(笑)

ではでは、赤ちゃんの風邪にお気をつけ下さいね~

The following two tabs change content below.
海子さん

海子さん

2児の男の子を育てるママです。私は、長男が4歳のときに発達障害「自閉症スペクトラム」と診断を受けました。最初は「障がい児」という響きに戸惑い、落ち込んだりもしましたが、今は「療育」を経て、前向きに子育て頑張っています。同じように発達障害で悩まれているママに少しでもアドバイス出来ればと一生懸命、記事を書いています!よろしくお願いします!