Pocket

2kosod01

 

「○○ちゃんはもう上手におしゃべりしているのにうちの子は・・・」

 

「○○くんはもう自分で上手に食べられるのに・・・」

 

 

いろいろ発達が気になり、

育児書を読んだり、

周りの子と比べたりしてしまうことありませんか?

 

 

 

特に、他の子より発達が

 

“遅い”

と気になりますよね。

 

 

私もそうでした。

 

 

「他の子と比べず、

しっかりお子さんの発達を見てあげてくださいね」

 

 

なんて言われても、

やはり遅れているところは気になります。

 

 

「個人差がある」

なんて分かっているはずだけれど、

それでも比べてしまう。

 

 

きっと親であるからこそ、

誰よりも心配しているからこそ、

そうなってしまうのは仕方がないと私は思います。

 

 

 

そんな子どもの発達が気になるママへ・・・

 

うちの長男は発達障がいがあり、

2歳半から療育に通い始めました。

 

 

「療育ってよく聞くけれど、何をするの?」

 

「診断ってどういう風に受けるの?」

 

 

そんな気になることの解決や、

 

次のステップに

一歩踏み出すきっかけにしてもらえたらと、

我が家のお話をしたいと思います。

 

週1で療育へ・・・

2kosod02

 

2歳半になり、

息子は週1で市の療育へ通うようになりました。

 

 

2歳児クラスの療育内容は、

最初お集まりがあり、

 

みんなで手遊びや

体を動かす体操をして、

トイレトレーニングの時間。

 

 

その後、おやつを食べ、

お帰りの会という流れでした。

 

 

それで約2時間。

 

 

幼稚園の一日を

ぎゅっと2時間にまとめたような感じでしょうか。

 

 

息子は特に嫌がることなく、

療育に参加しました。

 

 

正直、淡々と療育をこなしていた感じで、

通う意味あるのかな?

 

と思ったこともありましたが、

 

療育の前後に先生とお話して、

悩みを相談できるのが何より心強かったです。

 

 

 

療育には様々な個性の子がいました。

 

 

息子も個性的で、

発達の遅れというより、

発達に凹凸があるタイプだとそこで知りました。

 

 

そのため、

得意な療育には楽しく参加していましたが、

 

嫌いなおやつが出たときや、

嫌いな活動のときは嫌がるという感じでした。

 

 

同じ悩みを持った子が集まっているので、

お母さん同士も悩みを共有できる場にもなるかも、

と思っていたのですが、

 

 

うちの場合は

そういう雰囲気ではありませんでした。

 

 

私も、同じクラスに

通っていた子のお母さんに

 

「〇〇くんは問題ないと思うし、

見ていると辛くなるから来てほしくない!」

と言われたことがありました。

 

 

療育が受けたくても、

待ちがいっぱいで受けられない地域も多いようで、

ピリピリしている雰囲気が漂っていました。

 

 

私も、その時は子どもの心配で頭がいっぱいで、

気持ちに余裕もなく。

 

 

でも、今ではそのママたちとも、

定期的にランチをして、

情報交換をするようになりました。

 

 

やはり、同じ状況で

悩んでいるママ仲間はとても心強いですよ。

 

 

幼稚園で息子は苦しんでいました

 

息子は幼稚園の年少クラスになりました。

 

1年前よりは

言葉も少し増えましたが、

会話になるにはまだまだな感じでした。

 

 

幼稚園へ行けば

周りの子に刺激されて、

少しは話せるようになるかな?

と、期待していたのですが・・・

 

 

毎朝、幼稚園へ行くのを

とても嫌がりました。

 

 

朝、制服を着るのも嫌、

 

車に乗るのも嫌、

 

幼稚園に無理矢理連れていくと、

門から逃亡するので、

 

先生に無理矢理教室に

連れて行ってもらう日々でした。

 

2kosod03

 

担任の先生は

あまりお話をしてくれない方で、

 

園での様子を伺っても、

 

「頑張っていますよ」

 

、「給食食べていますよ」

 

と言われるだけで、

何が嫌なのかが分かりません。

 

 

息子もまだ幼稚園であったことを

お話はできない・・・

 

 

そんな時、

療育の先生が

息子の通う幼稚園へ見学に行ってくれました。

 

 

そこで療育の先生に聞いたことは、

 

「〇〇くんは、活動に参加したくないようで、

おもちゃの家の中でひとりずっといますよ」

 

 

という事実でした。

 

 

驚きで雷が落ちたようにショックでした。

 

 

 

どうして?

 

 

 

今まで療育に通っても

そんなことなかったのに・・・

 

 

「環境が変わると、対応できない子も多いですよ。

 

お母さん、〇〇くんも今の状況だと困っていると思います。

 

担任の先生にも〇〇くんに合った対応をしてもらえるよう、

 

病院での診断を受けてみませんか?」

 

 

と、言われました。

 

 

病院・・・行こうかな?

と思ったことはありましたが、

 

子どもに障がいがあるということを、

 

自分が受け入れられるかどうかが

心配で怖い、

というのがありました。

 

 

ここで躊躇している方は

私だけではなく、たくさんいると思います。

 

 

でも、その時初めて、

息子はもっと辛い思いをしているんだと

気が付きました。

 

 

私が障がいを受け入れられないかもしれない、

というだけで、

このまま息子にも辛い思いをさせたくない。

 

 

その日のうちに紹介してもらった

専門医のいる病院へ電話し、

診察の予約を取りました。

 

 

診察は半年待ちでした。

 

 

 

このような診察待ちは、

年々伸びているそうです。

 

 

 

そのことを考えても、

早めの受診をおすすめします。

 

 

診断を受け、すっきり心が晴れました

 

初診で病院へ行ったとき、

先生はしばらく息子の様子を観察し、

 

 

どうして息子の言葉が増えないか、

 

目が合いにくいのか、

 

寝ないのか、

 

それを噛み砕いた言葉で説明してくれました。

 

2kosd04

 

そして、そのまま息子は検査へ。

 

 

受けたのは、

「K式発達検査」というものです。

 

 

検査の種類はたくさんあるようなのですが、

うちの子の場合はこれを受けました。

 

 

積み木を摘んだり、

言葉の反復をしたり・・・

 

1時間くらいでしょうか。

 

 

眠たくて終始グズグズしてはいましたが、

なんとか終えました。

 

 

2週間後、

検査結果を聞きにまた病院へ行きました。

 

 

そこで言われた診断名は、

「自閉症スペクトラム」でした。

 

 

ショックというよりは、

心構えはできていたので、

「やっぱりか。」という気持ちでした。

 

 

「でも診断名は意味ありません。

同じ診断名でも、その子によって全然違います。」

 

と言われ、驚きました。

 

 

 

「〇〇くんは他の子より、

育てるのに少しコツがいるタイプです。

でもそれは目が悪い子に視力検査をして、

度の合うメガネを買ってあげるのと変わりはありません。」

 

 

 

目が悪く、視界がぼやけると

生活がしにくくて困りますが、

 

きちんと検査をし、

その子に合ったメガネがあると、

くっきり見えて生活しやすくなるのと同じ。

 

 

コミュニケーションをとるのが苦手、

 

じっとしているのが苦手など、

 

苦手なことがたくさんあると

生活はしにくいですが、

 

何が苦手なのかを検査などで把握し、

 

 

その子に合った育児・教育を

取り入れていくことで、

 

お互いに楽になったり、

困ることが減ったりするとのことでした。

 

 

私は、

この説明がすぅーっと心に入り、

 

障がいがあると言われると怖い・・・

と思う気持ちがなくなりました。

 

 

私も小さいころから目が悪く、

メガネやコンタクトを使用しなければ、

目の前でもモヤがかかって見えません。

 

 

「息子のためにできることを、

主治医の先生も一緒に考えてくれる。」

 

 

そう思うだけで、

モヤがかかっていた私の目の前も、

 

パーッと晴れました。

 

 

まとめ

 

  1. 療育機関、病院などは予約がなかなか取れないところがあるので、心配になれば早めに
  2. 発達の遅れや凹凸は親の悩みでもあるが、子ども自身も困っている
  3. 診断名はあまり意味がない、どう育てるのがよいのか考えるのが大切

 

いかがでしたでしょうか。

 

 

なかなか、

一歩踏み出すということは

難しいことだと思います。

 

 

特に病院へ相談・・・

となると、

 

いわゆる障がいがあることを

診断されるわけですし、

大変大きな壁になると思います。

 

 

障がい名は気になるとは思いますが、

診断されたからといって、

その日から子どもが何か変わるわけではありません。

 

 

私にとって診断は、

息子とどう接していくかを考える

「きっかけ」になったなぁと思います。

 

 

もし、相談へ行こうか悩んでいる方は、

とりあえず予約の電話をしてみることから始めてください。

 

 

私は予約しただけで、

一歩進めた気分になり、少し気分も晴れました。

 

 

「もう一人で悩まなくていいんだ」

 

 

そういう気分になりました。

 

 

子どもも大きくなればなるほど、

 

周りから求められるレベルが高くなり、

 

そのレベルについていけず、

 

どうすればいいのかと困ることが増えます。

 

 

 

心のモヤモヤを

どう吐き出していいか分からない時に、

癇癪や問題行動を起こします。

 

 

その心が少しでも晴れるよう、

我が子にあった

『コツ』を考える一歩を踏み出しませんか?

Pocket

 

役に立ったらポチっとしてね♪

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

 

将来の学資積み立て

旦那さまの保険など

 

無料で

保険のプロが自宅訪問にて

保険の見直しを行ってくれます!

 

【保険相談】無料訪問なら【賢い保険グループ】

 

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
海子さん

海子さん

2児の男の子を育てるママです。私は、長男が4歳のときに発達障害「自閉症スペクトラム」と診断を受けました。最初は「障がい児」という響きに戸惑い、落ち込んだりもしましたが、今は「療育」を経て、前向きに子育て頑張っています。同じように発達障害で悩まれているママに少しでもアドバイス出来ればと一生懸命、記事を書いています!よろしくお願いします!

ママの体調管理術

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
海子さん

海子さん

2児の男の子を育てるママです。私は、長男が4歳のときに発達障害「自閉症スペクトラム」と診断を受けました。最初は「障がい児」という響きに戸惑い、落ち込んだりもしましたが、今は「療育」を経て、前向きに子育て頑張っています。同じように発達障害で悩まれているママに少しでもアドバイス出来ればと一生懸命、記事を書いています!よろしくお願いします!