Pocket

akachan_yonaki
 
夜になるのが怖い…
 
そう思っているママ、いませんか?
 
私も子どもの夜泣きが続いた時、
毎晩そう思っていました。
 
さらに

  • 近所迷惑になってないかなぁ…
  • パパ起きちゃうかも…

そんな心配もしながら・・・
 
抱っこであやし続け、
気づいたら朝だったとか、
 
車だとよく寝るので、
夜中ずっとドライブしたこともありました。
 
いつまでこんな生活が続くのか、
初めて夜泣きを経験する
ママにとっては不安ですよね。
 
私は1人目が
本当に夜泣きが激しかったので…
 
2人目が産まれた時、
夜泣き対策に関する本やネット記事を読み、
いろいろ試しました(笑)
 
もちろん個性もあると思いますが、
2人目(次男2歳)は今のところ、
夜泣きという夜泣きはしたことがないんですよ。
 
そんな私が実践した事を、
夜泣きで寝不足ママにぜひ試してもらいので、
 
2人目を夜泣きさせないようにした
夜泣きを緩和させるコツ
ご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

まずは、規則正しい生活に!

096502
 
夜泣きの原因は、
赤ちゃんそれぞれ、
はっきりわかりません。
 

  • 昼夜逆転
  • お昼寝し過ぎ
  • 日中の刺激やストレス

など、と聞いたことがあります。
 
朝、家事で忙しいので
目が覚めるまでずっと寝かしていた。
 
夕飯も入浴も夫の帰りに合わせていたら、
寝るのが遅くなった。
 
夕飯準備のため、
夕方以降、結構な時間寝かせていた。
 
これ、全て一人目のときの
私の経験です(笑)
 
大人にも生活リズムがあるように、
赤ちゃんには赤ちゃんのリズムがあります。
 
大人に都合よいリズムは、
赤ちゃんには少しストレスなのです。
 
赤ちゃんのリズムを整えてあげることが、
夜泣きの改善につながります。具体的には、

①朝は決まった時間に起こす

185950
 
赤ちゃんは朝
何時に起こしていますか?
 
うちの次男は、
毎日遅くても7時には起きます。
 
長男がカーテンを開け、
朝の準備をドタバタうるさくするので、
起きてしまうのです(笑)
 
でもそれが良い感じに。
 
朝日を浴びる事は
生活リズムを身につけるのに
最適です。
 
たっぷり日を浴びさせてあげて、
明るくなったら起きるというリズムを
赤ちゃんの体に教えてあげるのです。
 
早く起きてこられても、
家事をしていて赤ちゃんにかまう暇がない…
 
でも、それはそれでいいのです、
 
朝は忙しいものなのですから…
 
少々、泣かせていたって大丈夫。
割り切りましょう。
 
どうしても泣き止まない時、
私は抱っこ紐でおんぶをしながら
家事をしていました。
 
nogumi03dakko00
 
抱っこ紐は子育て必須アイテムですよ!
子育てがラクになる抱っこひも

②夜は真っ暗な部屋で寝かしつける

fukurou_yoru
朝の逆で、
夜は真っ暗な部屋で寝かせてあげることも
大事です。
 
「暗いなぁ、今は寝る時間なのだなぁ」
と感じさせてあげることが
大事なのです。
 

③お昼は体を動かして遊ぶ、夕方以降はお昼寝させない

kosod22
 
起きている時間は、
お散歩やマッサージなどのスキンシップ
 
夏はプールなんかで、
たっぷりと遊ぶこと。
 
大人と同じで
適度に体を動かすのは、
リズム作りにいいのです。
 
気をつけたいのは
お昼寝のタイミング。
 
夕方以降のお昼寝は
夜の睡眠に大きな影響が出ます。
 
私は眠そうにしていたら、
早めにお風呂に入れて、
目を覚ましてもらっていました(笑)

寝かしつけのルールを作る

寝かしつけはどういう風にしていますか?
 

  • 抱っこして寝かしつけ、
  • 授乳しながら寝かしつけ、
  • 絵本を読みながら、
  • 子守唄を歌いながら…

いろんな方法があると思います。
 
次男と通っていた
ベビーマッサージの先生に
教わったことですが、
 
毎日決まった寝かしつけをすることが、
赤ちゃんの安心につながり、
よく眠るそうです。
 
私は授乳した後、一緒にお布団に入り、
次男が大好きな足のマッサージしながら
寝かせていました。
 
毎日、同じ方法で
寝かしつけるのですから、
ママがしんどい寝かしつけは、
最初からやめた方がいいと思います。
 
抱っこして歩きまわるとか
何冊も絵本を読むとかは
ちょっとハードルが高い寝かしつけです。
 
続けやすい簡単なルールにした方が、
ママも楽です(笑)
 
次男は私のお腹の上で寝るのも
好きでしたね(笑)
 
あやしもせず、授乳もせず、
ただ乗せているだけなので、
すごーく楽でした。
 
夜、泣いて起きた時も
同じように寝かしつけします。
 
「こうやって寝るものなのよ」
と教えてあげるように…
 
最初はなかなか寝てくれないかもしれませんが、
繰り返すことで赤ちゃんも慣れてきて、
 
それが心地よいなぁと思って
寝てくれるのです。
 
寝る前は体を暖め、
穏やかな時間に大人もできれば、
暖かいお布団で寝たいですよね(笑)
 
私は冬、湯たんぽをあらかじめ、
赤ちゃんの足のところに入れておき、
寝る時には温かい!
という環境を作っていました。
 
私の寝かしつけルールだった、
足のマッサージも体を暖めてあげるのには
効果的です。
 
手足が冷たいと、
なかなか寝られませんから…
 
kosod23
 
あと、寝る前のテレビやスマホは、
刺激が強すぎて良くないです。
 
寝入るのも遅くなりますし、
夜泣きにつながりやすいので
NGですよ。
 
長男の時はなかなか寝ない時に、
「疲れて寝てくれないかなぁ」なんて思い、
思いっきり遊ばせていた事がありました。
 
興奮させてしまって、
寝ないし、寝たと思ってもすぐ起きちゃうし、
逆効果でしたね(涙)
 
寝る前はゆったりと、
穏やかな時間になるようにしたいですね。

まとめ

  1. 朝日を浴び、夜は真っ暗にし、規則正しい生活を
  2. 寝かしつけのルールを作る
  3. 寝る前は体を暖めて、穏やかな時間に

 
もちろん睡眠は大人でもそうであるように、
個人差が大きくあると思います。
 
「全部試したけど、やっぱり起きちゃう!」
というママ。
 
それでも、これらを
続けてみて欲しいです。

 
赤ちゃんが大きくなっても、
これらの規則正しい生活や、
寝る前の習慣は
何も悪い事じゃないのです。
 
どうしても眠くて仕方ないときは、
お昼寝の時に一緒に寝たり、
 
パパがお休みの日は
夜泣きに付き合うのを
替わってもらったりしてくださいね。
 
夜泣きはいつか終わる…
と言われても、今、辛いママには
慰めにしかならないと思います。
 
私がそうでした(笑)
 
でもね、本当に終わるんですよ。
 
その日を楽しみに、
ぜひ色々と思考錯誤して
夜泣きを攻略しましょうね!
 

スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。