Pocket

kosod201545
 

  • 何を言っても「イヤイヤ!」
  • 何をしても泣き続けている・・・

 
最近、我が子が言うこときかない・・・
私の子どもに接する態度、おかしいのかしら?
とお悩みのママ!
 
実はそれ
イヤイヤ期なんです!
 

早い子だと、
生後8か月あたりから、
イヤイヤ期に突入して
イヤイヤ言い始めることが多いんです。
 
「え?イヤイヤ期って2歳くらいからじゃないの?」
と多くの方がそう思っているのですが
実はそうじゃないんです!
 

ウチの場合、
まだ1歳にもならない息子が、

  • この子わがままだな・・・
  • 我が強いな・・・
  • 癇が強いな・・・

と心配してたんですが・・・
なんのことはない
ただのイヤイヤ期だったのです。
 
日に日に我が子の激しくなるイヤイヤに
子ども以上に苛立っているママへ
 
この記事では、
イヤイヤをうまく受け止められる方法を
ご紹介します!
 

スポンサーリンク

イヤイヤ期の原因

kosod256351

赤ちゃんがイヤイヤと言う理由、それは自我の目覚めです!自分でアレしたい!コレしたい!と自己主張できるようになってくるんですね!それは赤ちゃんの脳みそが正常に発達している証です!

自分が意図したことと違うことがあれば、泣いて嫌がる…というのが、8ヶ月~1歳半くらいまでの赤ちゃんの自己表現!

特にこの時期の赤ちゃんは、その気持ちもうまく言葉でいうことができません。

赤ちゃんは「なんでわかってくれないのー!!」と、そのもどかしさのせいで更に泣きじゃくってしまうのです。

「○○がしたい」「○○が好き」と、要求や好みがはっきりしてくるということは、更に一歩、人らしく育ってきた証拠ですね。

イヤイヤできる赤ちゃんは、しっかり成長している証拠です。

赤ちゃんの一番の理解者になろう

11kosod021551

原因は成長だと分かったものの・・・

泣かれてばかりじゃ、ママも辛いですよね。

 

その時にママが一番してあげてほしいことは、

 

「赤ちゃんの気持ちを理解し、肯定する」

ということです。

 

どうして泣いているのか、

まず理解をしてあげましょう。

 

次男は、朝着替えをしたくなくて、

よくイヤイヤ言っています。

 

様子を観察していないと、

どうして泣いているのか、

何が嫌なのかが分かりません。

 

まずはどうして泣いているのか、

どうして怒っているのかを、

的確に把握し、理解することが大切です。

 

そして、それを決して否定はしないでください。

 

「着替えないとお外へいけないよ!」

などとついつい言ってしまったり、

無理矢理着替えさせたりしちゃいがちですが、

ママが怖い顔していると、

もっと泣いちゃうんですよ。

 

そんな時は、できるだけ、気持ちを汲み取り、

 

「そっか、今は着替えたくないんだね」

と優しく抱っこしながら伝えます。

 

半分くらいは要求を聞いてあげる

 

理解すると言っても、

すべてイヤイヤ言うまま、

甘えさせるわけでありません。

 

私の場合は50:50くらいでしたでしょうか。

 

半分はイヤイヤ言うことは大目に見てあげて、

「ならもうちょっと後で着替えようか。」

と言いますし、

 

あまり時間に余裕がない時は、

「今日は忙しいから、ごめんね~」

と言いながら無理矢理着替えさせることもあります。

 

大人でも、

自分の思い通りに行動できないことって、

半分くらいはありますよね。

 

だから、すべてのイヤイヤを聞き入れなくてもよいし、

ママの言うことは絶対聞く!

というときもあっていいと思うんです。

 

でも、毎回そうではなくて、

たまには甘えさせてあげる日も必要ですし、

イヤイヤにとことん付き合ってあげることも大切です。

 

自分がやりたいことを、

ママが叶えてくれた!

 

と、そういうところで、

ママの愛を感じてくれると思いますよ。

 

まとめ

 

  1. イヤイヤ期を乗り越えるには、子どもの気持ちを理解することから
  2. 半分くらいは子どもの要求を聞こう

 

赤ちゃんのイヤイヤ期。

ついついママの余裕がない時は、

イライラしてしまうかもしれませんが、

しっかり成長している証拠。

 

心広く、その成長を受け止めてあげられるママになりたいですね。

 

でも、脅かすようですが、

1歳半までの赤ちゃんのイヤイヤは、

まだかわいいものです(笑)

 

イヤイヤはこれからが本番。

 

本番のことは次回お話したいと思いますが、

赤ちゃんのイヤイヤ期は、

赤ちゃんとの絆を深めるための大切な時期です。

 

きっと今の時期の対応が、

その後の本番のイヤイヤ期にも影響してくるはず。

 

まだまだかわいいイヤイヤを、

思いっきり受け止めて、

赤ちゃんのよい理解者になってくださいね。

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。