Pocket

1kosod11454

待機児童がまた増えている・・・

 

テレビのニュースでよく聞きますが、

 

実際に保育園に入れず困っている、

待機児童が周りにいる・・・

お困りの方は多いのではないでしょうか。

 

保育園に入るために努力することを

「保活」といいます。

 

努力しなければ保育園に入れない。

 

そのため、妊娠前の家族計画の時点で、

保活を始める人も。

 

そんなに早くから始めないといけないの?

と驚く人も多いと思います。

 

答えは絶対的にYESです。

 

出産してから考えようと思っていたら、

仕事復帰できなくなった!

 

兄弟のうち、

1人は預けられるけれど、もう1人は預けられない!

 

保育所に預けられるようにするためには、

いくつかのポイントがあり、

早めの準備、

必ず把握しておいた方が良い注意点があるので

書き留めておきます。

 

あなたの「保活」に役立てて下さい!

 

妊活の前に保活をする

ksosod02361

私は転勤族だったこともあり、

里帰り出産を機に仕事を辞めたのですが、

 

同僚にバリバリ仕事をしていた、

キャリアウーマンの子がいました。

 

彼女も私と同じころに妊娠。

 

彼女は半年育休を取って、

仕事に復帰する予定で、

妊娠中から、いろんな保育園へ見学に行っていました。

 

そんな彼女が、

「妊娠時期、間違ったのかもしれない・・・」

と、突然言い出したので、

どういうことかと聞いてみると、

私たちの出産予定は11月。

 

11月というのは、

多くの保育園の募集が始まり、

締め切られる時期。

 

「募集締め切りまでに生まれていないと、

保育園に次年度から入園できないんだって」

 

と言うので、びっくりしてしまいました。

 

後々調べてみると、

保活のために、

妊娠時期を調節している方もいると知りました。

 

大体の方が育休を1年くらい取りますね。

保育園の卒園が終わり、

空きの多く出る4月入園を目指すなら、

春産まれがよいとのこと。

 

まだ妊娠もしていない時期から、

保育園入園のために、

妊娠時期を考慮する・・・

おかしな話ですが・・・

 

家族計画の段階から、

保育園のことを考えている方は多いようです。

 

特に1人目の時に保活がうまくいかなかった方は、

2人目を考える時には、

妊娠時期を必ず考えてしまいます。

 

点数を稼ぐ

kosod023651

今年の2月、地元の友だちが、

 

「下の0歳の妹は保育園受かったけど、

上の2歳のお兄ちゃんは落ちた!」

 

と、SNSに書き込んでいました。

 

「妹が保育園に行っても、お兄ちゃんが家にいるなら働けない・・・」

いやいや、本当にその通り。

 

兄弟のどちらかだけ落ちる。

そんなおかしなことがあるんだ!と驚きました。

 

で、どうするのか聞いたところ、

 

「お兄ちゃんの保育園が見つかるまで、

妹も辞退しようと思ったけど、

そうすると、『点数』が低くなるんだって。

だから妹だけ入れるしかない」

 

とのこと。

 

彼女のいう『点数』とは、

保育園を必要としている度合いを

点数化したものです。

 

両親ともに共働きだったり、母子家庭だったり・・・

その場合は点数が高くなります。

 

彼女は、まだ働いておらず、

仕事も決まっていない。

そのため、点数は低く評価されたのでしょう。

 

入園する園を確実に決めるためには、

まずは両親フルタイムで働いていることが

条件となる場合が多いです。

 

そして出産前の勤務実績も

審査されるとのことなので、

できるだけ時短勤務にしないこと。

 

また、加点ポイントを狙うのも手です。

 

  • 保育園を希望する前に、すでに認可外の保育園に通っている
  • 保育園に通う兄弟がいる

 

など、地域によって加点のポイントは違いますが、

認可外に預けていると、

 

「もうすでに保育を必要としている」

 

と見なされ、入りやすくなる地域が多いようです。

 

逆に、減点ポイントとなるものもあります。

 

  • 子育てを手伝える、祖父母が近くに住んでいる
  • その地域の居住年数が短い
  • 勤務年数が短い
  • 入園辞退をした過去がある

 

などです。

 

私の友だちの言っていた、

「入園を辞退すると・・・」というのは、

やはり減点ポイントになるようですね。

 

辞退するということは、

「家でも保育可能」

と見なされてしまうのでしょう。

 

居住歴などもポイントになるのであれば、

住むところは慎重に決めたいところですね・・・

 

にしても、ひとりひとり事情は違うのに、

こんなことで加点されたり、減点されたり・・・

 

家族に点数を付けられているみたいで、

気分が悪いです!

 

0歳児入園を狙う

1kosoda12

友だちの、0歳の妹は入れたけれど、

2歳のお兄ちゃんは入れなかった・・・という例。

 

地域にもよるのかもしれませんが、

やはり、0歳児で入園するほうが、

入園できる可能性はUPするとのことです。

 

というのも、保育園に入れるということは、

その分、人数の空きが出なければいけません。

 

人数の空きが出やすいのは、ずばり0歳児。

 

皆さん、育休を1年取る人が多いですから、

0歳児は保育園には結構少ないのです。

 

預けられてもすぐに1歳になり、その分空きが出ます。

 

友だちの例は、

やはり妹はまだ0歳なので入園可能となったのでしょう。

 

2歳は1歳で入園した子たちで、もう一杯だったのでしょうね。

 

結局彼女は、2歳のお兄ちゃんは

一時保育に預けながら、就活中です。

 

テレビのニュースでは、もうすぐ育休明けなのに、

保育園に落ちたから、

会社を辞めなければならない・・・

 

という状況に陥った人もいるようですね。

 

仕事というのは、

そう簡単に辞められるものではないし、

 

お金を稼ぐことも大切ですが、それ以上に、

やりがいを持って働いている女性もたくさんいます。

 

子どもが保育園に入れなければ、

仕事を辞めるのは、ほとんどがママ。

 

築いてきたキャリアを捨たり、

好きな仕事を辞めるのも、

大体が女性であるという事実・・・

 

なんでなんだーーーー!!!

 

一億総活躍社会じゃないの??

 

女性の活躍できる社会じゃないの???

 

憤りともどかしさで、心がいっぱいになります。

 

まとめ

  1. 妊娠前から保活をする人も
  2. 点数を気にしてみよう
  3. 0歳児入園を狙え

 

いかがでしたでしょうか。

これが今の保育園をめぐっての、現状です。

 

出産をしてから・・・じゃ遅いんです。

 

妊娠中も心が休まりませんよね・・・

点数を稼ぐために、

「偽装離婚」をする人もいると聞きます。

 

悲しい社会の仕組みですね・・・

認可外の保育園というと、

事故のニュースを見ることが多く、

不安な気持ちに陥る人も多いでしょう。

 

保育料も認可と比べると高いところが多いので、

家計を圧迫しますよね。

 

しかし今の社会の状況では、

認可外の保育園の見学に行き、

しっかり見極め、まずはそこに預けながら、

保育が必要なことをアピールする・・・

 

というのが、保育園入園への近道なんです。

 

本音としては、

こんなアピールなんてしたくないですけどね!

 

一億総活躍社会」という

素晴らしい言葉をいくら掲げていても、

現状がこの状態では、

その一億の中に、子育てママは入っていないのかな?

という気持ちになります。

 

また、まだまだ子どもは母親が育てる、

という意識が残っています。

 

その意識も、子育てママが働くことを

更に難しくさせています。

 

早くこの待機児童があふれている状態を、

打破してもらいたいですね!

Pocket

 

役に立ったらポチっとしてね♪

 

にほんブログ村 子育てブログへ

 

 

 

将来の学資積み立て

旦那さまの保険など

 

無料で

保険のプロが自宅訪問にて

保険の見直しを行ってくれます!

 

【保険相談】無料訪問なら【賢い保険グループ】

 

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。
ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。