Pocket

odekakoso02131

お天気がいい日が続くと、「お外に出かけたーい!」という気分になりますね!

赤ちゃんもお出かけは大好き。

でも、離乳食が始まると、離乳食の時間のお出かけは控えたり、どうしても出ないといけない時は、離乳食を1回分飛ばしたり、離乳食期の赤ちゃんを持つママは、お出かけひとつでも、考えることがたくさんで大変ですよね!

最近は優秀なレトルトの離乳食もたくさんあって「お出かけ時はそれをよく利用しているよ~」というママも多いのではないでしょうか。実は私もよく利用していました(^^;

でも、できれば手作りのものを食べさせたい!という、こだわり派の頑張るママに!また、まだ離乳食期だけど、保育園のお弁当の日がある!兄姉の親子遠足に連れて行かなくちゃ!などなど、外でお弁当を食べさせる必要が出てきて、焦っているママに…

離乳食期でも大丈夫!
今日は月齢に合わせた、さっと作れる離乳食お弁当メニューや、水分の多い離乳食にも大丈夫なお弁当箱をご紹介します!

最初は作り方や持たせ方に失敗しちゃうこともあるけど、何事もチャレンジすることが大事!そしてそのチャレンジはママの子育て奮闘記という大切な思い出となります!張りきって離乳食期お弁当を作っちゃいましょー!

離乳食初期におすすめのお弁当メニュー

 
私も次男が6か月の頃に、兄の親子遠足へ連れて行きました。案の定、お兄ちゃんや周りのみんなが食べていると、お口をモグモグ…食べたがるんですよね~

おじいちゃんおばあちゃんの家なんかにいると、赤ちゃんが食べる姿を見せるのも喜ばれますし、

やっぱりお出かけのときには、離乳食お弁当を作って持っていきたいところです。

そんな時におすすめのメニューを紹介します。

≪野菜がゆ≫

おかゆに野菜を少し加えて混ぜ合わせたものは、いつものお粥と違って、食べてくれるかもしれませんよ。

*材料*

おかゆ-赤ちゃんが食べる量

野菜(かぼちゃ、ほうれん草、にんじんなど)をすりつぶしたもの-小さじ1

*作り方*

  1. いつものおかゆに、野菜をすりつぶしたものを乗せるだけ
  2. 青のりなどを少量混ぜると、また新鮮味がわくかもしれませんね

≪さつまいもとりんごのペースト≫
kosowws0231
赤ちゃんは甘い味が大好き。さつまいもとりんごで、デザート感覚なおかずを持っていくとパクパク食べてくれます。

*材料*

さつまいも-大さじ1

りんご-大さじ1

*作り方*

  1. さつまいもを1cm角に切り、ゆでる
  2. りんごはすりおろし、電子レンジで1分加熱する
  3. 1.2を混ぜ合わせる

この2つのメニューは、水分が多いので、必ず密閉された容器に入れて、かつ保冷材を添えて持っていきましょう。

離乳食中期におすすめのお弁当メニュー

 
離乳食中期は徐々に手づかみでご飯を食べるようになってきた赤ちゃんが増えますね。手で持って、自分で食べてくれるとイチイチ、あ~んってしなくてよくなるので、食事が楽になりますよね~♪だから、お外でも手に持って食べさせるメニューを積極的に取り入れていきましょう!

長男は、普段、手づかみメニューはあまり食べませんでしたが、なぜかお出かけ時なら、他の子からの刺激があるのでしょうか。手づかみメニューをパクパク食べてくれました!

外や、いつもと違う場所で食べると、赤ちゃんも食が進むんです!手づかみメニューお弁当を作りましょう♪

≪野菜スティック≫

離乳食を作るのが大変な時、私は炊飯器でご飯と一緒に野菜スティックを作っていました。

お弁当だけじゃなく、時間がないときも是非、おすすめのメニューなんです!

*材料*

野菜(にんじん・かぼちゃ・さつまいもなど)-スティック状にして3本ずつ

お米-3合くらいまで、研いで水加減をしておく

クッキングペーパー1枚

*作り方*

  1. クッキングペーパーを箱状に折っておく
  2. 研いで水を入れたお米の上に、1を浮かべる
  3. 2の箱に野菜を入れて、炊飯ボタンを押す

炊飯器はゆっくりと熱を通すので、野菜のうまみが出て、何も付けなくても美味しく頂けます!

≪手づかみ用おにぎり≫
kosekw21
野菜スティックと一緒に炊いたご飯で、手づかみできるサイズのおにぎりにしましょう。手づかみ食べに慣れていない子はすぐに「ぐしゃ~」とおにぎりを潰してしまいがち。そんな子にもちょうどいい硬さのおにぎりを作るコツがあるんです。

*材料*

ペットボトルの蓋-1個

ラップ-適量

ご飯-茶碗1/2杯程度(お好みでふりかけやのりなど)

*作り方*

  1. ペットボトルの蓋にラップを重ねる
  2. 1の上にご飯をスプーン1杯分くらい乗せる
  3. ご飯の上にラップを被せ、ペットボトルの蓋に押し込むようにしながら形を整える
  4. ラップからおにぎりを取り出して完成

このペットボトルの蓋サイズのおにぎり。ちょうど赤ちゃんに食べやすい大きさのおにぎりなんです!普通にこのサイズのおにぎりを握るのって、大人の手じゃ難しいけど、ペットボトルの蓋なら簡単にできますよ♪

離乳食後期におすすめのお弁当メニュー

 
たくさん食べられるものも増えてきて、大人と同じようなものも少しずつ食べられるようになってきた。そんな離乳食後期の赤ちゃんは、お弁当の準備も楽になります。

早い子だと、スプーンやフォークを使って食べる子もいますからね、だから、お弁当でスプーンやフォークを使う練習になるメニューもご紹介します!
09kosod07

≪野菜入り卵焼き≫

大人が食べても美味しい!巻かずに簡単な卵焼きの作り方です。

*材料*

卵-1/3個

ご飯-45g

桜エビ-小さじ1

ほうれん草-茹でて7g

粉チーズ-適量

*作り方*

  1. 茹でてあく抜きした、ほうれん草を細かく刻む
  2. 卵を溶いて、ご飯、桜エビ、1のほうれん草、粉チーズを混ぜる
  3. フライパンに少量の油を惹き、2をスプーンですくいながら両面焼く

巻いてもいいのですが、巻くと崩れやすくなるので、赤ちゃんに食べさせる卵焼きは、これがおススメです!

≪高野豆腐ハンバーグ≫

栄養たっぷりの高野豆腐。なかなか食べさせるのは難しいですが、子どもが大好きなハンバーグに入れると食べてくれますよ!我が家では7歳の長男も、未だに大好きなメニューです。

*材料*

高野豆腐-2個

にんじん-4cm

玉ねぎ-1/4個

片栗粉-小さじ2

パン粉-適量

*作り方*

  1. 高野豆腐を加熱しておく
  2. にんじんと玉ねぎをみじん切りにし、電子レンジで加熱し、柔らかくする
  3. 冷めた高野豆腐を水切りして、細かく切り刻む
  4. ボールで2.3を入れ、片栗粉、パン粉を混ぜ、タネをまとめる
  5. フライパンに少量の油をひき、両面を焼いていく

高野豆腐は細かく切った方が食べやすいので、できるだけ細かくしたり、フードプロセッサーなどがあれば、それで小さくしてくださいね。

離乳食のお弁当は何に入れる?

 
お弁当を作ったはいいけれど…そのお弁当は何に入れましょう?

私が初めて子どもにお弁当を作ったのは、離乳食を初めて6か月ごろでした。「子どものお弁当持ち込み可なカフェを見つけたから行こう」というママ友のお誘いがきっかけ。

そのカフェは、レトルトの離乳食はNGだけれども、手作りのお弁当なら持ち込み可ということでした。

楽しそうだなぁと思ったものの、「子どものお弁当って何に入れればいいの!?」「まだお粥のような水分の多いものしか食べさせてないのに…」と、思いますよね!

私も、え?手作りのお弁当?とびっくりしましたが、ママ友が「密閉できるタッパーに入れていくといいよ」と教えてくれました。

そこで私は、ジップロックのタッパータイプを購入。


いろんなサイズがあるので、数サイズ揃えてこの密封タイプのタッパーは、そのまま冷凍することや、電子レンジで温めることもできて衛生面でも安心。その上、普段の離乳食のストックにも使うことができて便利!

しばらく手作りの離乳食用に使っていましたが、実はそれから7年経った今でも、小ねぎやゴマなどの調味料入れとして大活躍しています(笑)買って損ないですよ。

また、2人目の時に見つけたのが、離乳食用のお弁当箱。私が購入したのは、リッチェルの「おでかけランチくん」です。

赤ちゃん用品店やネットショップにあり、離乳食期のお弁当箱にサイズも形もぴったり!2段になっていて、間に保冷材が挟めるので、衛生面も安心なんです。そしてそのまま電子レンジも使用可。組み立て式のスプーンもついていて、本当に便利なんですよ!

この他にも探せばたくさんあるはずですから、ママのお気に入りを探してみてくださいね!

まとめ

 

  1. 小さい赤ちゃんも一緒にお出かけを楽しもう
  2. 月齢に合わせた食べ方で、お弁当を用意しよう
  3. タッパーは便利!専用のお弁当箱も便利!

いかがでしたか。

赤ちゃんを連れて、お弁当を持ってお出かけというと、気持ちが、『大変>おでかけしたい』と、どうしても大変な方に考えがちですが、要するに普段と同じものでいいんですね。(笑)

むしろ普段のママの味が、赤ちゃんの安心にもつながりますし、お出かけを思い切り楽しめる要素になると思います。

失敗しても、良い思い出になるんだから、ママも張り切って、お弁当作りから楽しんじゃいましょう!

また、100均や赤ちゃん用品店などには、赤ちゃんのお弁当作りのための、便利グッズが結構あるので、お出かけ前に見に行って、わくわくしながら、準備すると楽しさ倍増です!

おでかけで、いつもとは違った赤ちゃんの顔や様子を見せてくれること間違いなし!お出かけ上手のママになれるよう、お弁当作りしてみて下さいね!

ーーーーーーー

出産後の私の体型・・・
マジでやばくない!?


と思いつつ・・・
月日は流れ、またこの季節・・・

あ〜ダイエットしないといけないんだけど
やる気が出ない・・・

実はたった¥500

私がダイエットに成功しちゃった
秘密があるんです!

それがコチラ

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。