Pocket

123akachan_junyu
 
授乳中は
ママと赤ちゃんの幸せな時間。
のはずが!
 

  • おっぱいを咥えてくれない!
  • 授乳中に泣き出しちゃう!?

 
そんな時が突然、訪れます!
(個人差はありますが…)
 
私は長男が生後1ヶ月
経った頃でしょうか。
 
1ヶ月検診までは
おっぱい順調だったのに・・・
 
急に飲まない…
くわえない…
でも、お腹が空いたー!!
って泣いちゃう…

 
「どうして?なんでおっぱいイヤなの?」
 
理由が分からず、
私まで泣きそうになりました。
 
「もう飲んでくれないなら、完全ミルク育児に移行しよう」
と思い数日、母乳をやめていた事もあります。
 
そんなとき
ちょうど市の助産師による
新生児訪問があり、
 
その事を相談すると・・・
何点かアドバイスをくれました。
 
それから色々と試してみると…
 
1akachan_junyu

!?
飲んだ!!

 
助産師さんのアドバイス通りにしてみると、
くわえてさえくれなかったおっぱいを
飲んでくれたのです!!!
 
私、感極まって
泣いちゃいましたよ…
 
ホッとしたというか
なんというか…
 
喜びの笑顔と涙。(笑)
今でも鮮明に覚えています!
 
それ以降も
ちょこちょこトラブルはありつつも、
なんと2歳まで母乳育児は続きました。
 
もしも今、あなたが
授乳が上手くいかなくて
お困りなら・・・
 
あのときの私が味わった感動をあなたにも!!
是非、味わってほしいので
 
私が教えてもらったアドバイスを
覚えている限り、全力で書かせてもらいます!
 
おっぱいを飲んでくれない
おっぱいの時間がツラい
何かしら授乳に悩んでいるママは
絶対に読んで下さいね!
 

スポンサーリンク

まずは、原因を知ろう

kosod20
 
どうして飲んでくれなくなったのか・・・
思い当たる節はありませんか?
 
おっぱいを飲んでくれなくなる原因として、
主なものは次の通りです。
 

  1. おっぱいが出ていない
  2. おっぱいがまずい
  3. おっぱいに吸い付きにくい
  4. 乳頭混乱を起こしている
  5. 赤ちゃんの口腔内にトラブル、またはお腹のトラブル
  6. おっぱいに罪悪感を持っている

 
どれかひとつの原因に
あてはまるわけではなく、
 
いくつかの原因が
重なっている場合が多いと
助産師さんから聞きました。
 
そう聞いて私は、
 
1.おっぱいが出ていない
2.おっぱいがまずい
3.おっぱいに吸い付きにくい
6.おっぱいに罪悪感を持っている
に加え、
 
4.乳頭混乱を起こしている
の時もありました。
 
ほぼ全てですよね・・・
 
それぞれの原因に対して
対処法があるので、
ひとつひとつ分けて書いていきます。

おっぱいが出ていない

おっぱいが出ていないのにも、
色々と理由があります。
 

  • 乳腺のつまり
  • 乳頭にカスが詰まっていたり
  • 乳頭にトラブルがあったり

 
乳頭のトラブルといえば、
乳腺炎や白斑などがあり、
痛みを伴うものです。
 
その場合は
母乳外来などを受診してください。
 
それ以外の場合は、
自分でもできるおっぱいマッサージをお勧めします!

※音は出ません
 
私の場合は、
しばらくミルクだけにしていた時期があったため、
出にくくなっていたようです。
 
母乳は赤ちゃんに飲んでもらわないと
出なくなります。
 
「何よりたくさん赤ちゃんに飲んでもらう事」
と助産師さんに言われました。
 
なので、
きっちり1~2時間おきに授乳していると
よくおっぱいが出るようになりました。
 
次の授乳までに時間が空く場合は、
搾乳などして「つまり」などがない状態に
メンテナンスを心がけていましたよ!
 
また母乳が出やすくなる、
母乳の質が良くなるといわれる
ハーブティなども飲んでいました。
 
habu023
 
私の場合、お茶効果がすごくって
おっぱいが本当に良くでるようになりました!
ごくごくと音を出して飲んでくれるようになったときは、
本当に嬉しかったです!
 
こちらが私の試したお茶です。
 
えぞ式すーすー茶
(こちらはノンカフェインの健康茶で花粉症や鼻炎にも効くという素晴らしいお茶)
 
人それぞれ、好みもあると思いますので
自分に合ったものを探して下さいね。

おっぱいがまずい

食生活が偏ると
おっぱいが不味くなるって
産婦人科で聞きませんでしたか?
 
おっぱいが不味くなるのは
食生活以外にも原因があります。
 

  • ママのストレス
  • ママのホルモンの変化

などです。
 
ホルモンの変化とは、
月経の再開や妊娠などです。
 
授乳していても、
排卵して月経が再開する人も
よくいるようです。
 
月経中など、
少しおっぱいの味が変わって
急におっぱいを飲まなくなる原因にもなるので、
 
搾乳してとっておいた母乳を飲ませてみるなど
工夫をしてみましょう。
 
妊娠の場合は、
産科の先生とよく相談してくださいね。
 
でも、やっぱり一番気を付けたいのが
食生活
 
ママの食生活は
ダイレクトにおっぱいにつながります。
 
本来なら、
さっぱりとした甘みのある味の母乳なのですが、
食生活が乱れたり、
偏ったりすると…
 
おっぱいはあまったるい
しょっぱい渋い味になります。

 
赤ちゃんが
嫌いな味です。

 
私は甘いものが大好きなので・・・
 
kosod32
 
産後1か月くらいは我慢していましたが、
夜中の授乳など慣れないことだらけで、
ストレスが溜まるし、お腹がすくので、
 
ベッドの近くにチョコレートの
ファミリーパックを置いて
食べていたんです・・・
 
助産師さんには
もちろん怒られました!
 

  • カレーなど香辛料の強いもの、
  • 生クリームなどの糖分が多いもの、
  • 揚げ物など脂分の多いもの、

全部、私の大好物・・・
 
母乳の味をまずくします。
 
他にはコーヒー、
乳製品、加工品なども同じです。
 
「なんで好きなものばっかり・・・」
と本当に悲しくなりました(笑)
 
でも、ずっと一生食べられないわけじゃないんで
赤ちゃんのおっぱいのため
一時だけ我慢しましょう。
 
長くても授乳期間中だけ。
 
授乳期間中でも、
たまには少しなら食べても大丈夫です。
 
乳腺が詰まりやすい人は
気を付けなければいけませんが・・・
 
自分の乳腺の感じや、
赤ちゃんの体調(湿疹やアレルギー症状など)
に気を付けながら、
 
楽しみで食べるのはいいと思います!
 
でなければ、
ママもストレス溜まっちゃいますもんね。
 
ストレスもおっぱいの味を
まずくしちゃう原因なので
そこのバランスは本当に大事です!!
 
締めるところは締めて
緩めるところは緩めましょうね。

おっぱいに吸い付きにくい

赤ちゃんがおっぱいに吸い付くのは、
本能だと言われていますが、
 
それでも「吸い付きやすいおっぱい」と
「吸い付きにくいおっぱい」というのがあります。
 
乳頭が短かったり、
固かったりすると、
吸い付きにくいようです。
 
その場合は乳頭マッサージをしてみましょう。

※少しだけ音がでます
 
動画の手順を繰り返すことで
徐々に吸い付きやすい、
柔らかい乳首になってきます。
 
それでもまだ難しい場合は、
乳頭保護器などの
補助してくれるものを使いながら、
授乳してみてください。
 
私も最初使っており、
徐々に乳首の形も変わってきたのか、
いつの間にか直母(直接母乳を飲ませる事)
で大丈夫になっていました!
 

乳頭混乱を起こしている

ミルクと母乳、
どちらも飲んでいる混合育児の赤ちゃんに
起こりやすいトラブルです。
 
おっぱいの乳首の形と、
哺乳瓶の乳首の形が違い、
飲み方も違うので、
どう吸い付けばいいのか分からなくなっている!
ということです。
 
逆に哺乳瓶拒否の赤ちゃんも
これが理由ですね。
 
どちらかというと、
哺乳瓶の方が毎回同じ形ですし、
乳首の穴が大きいと、
ちょっと吸っただけでたくさん出て、
飲みやすいという利点があります。
 
baby_honyubin
 
ごくごく飲みたい赤ちゃんは哺乳瓶がよくて、
「おっぱいは嫌!」
ってなっているのかも。
 
その場合は、
哺乳瓶を見直してみましょう。
 
kosod33
 
赤ちゃんによって、
合う、合わないがあるかと思いますが、
 
「母乳育児推奨・・・」
「おっぱいに近い形・・・」

といった哺乳瓶や、
穴の小さめのものが売ってます。
 
そちらでミルクや搾乳したものを飲ませていると、
徐々におっぱいも飲んでくれるようになりますよ。
 
私は長男の場合、
哺乳瓶の乳首を5種類くらい買ってしまいました(笑)
 
母乳育児推奨のものは
最初嫌がりましたが、
どうしてもお腹がすいたのでしょうね。
 
頑張って飲みました。
 
それ以降、乳頭混乱も解消されました。

赤ちゃんの口腔内にトラブル、またはお腹のトラブル

これは唯一の赤ちゃん側の原因です。
 
大人も調子が悪いとき、
口内炎ができたりしているとき、
 
食べたくなかったり、
食欲がなくなりますよね。
それと一緒です。
 
赤ちゃんのおむつの様子で、
お腹の調子はどうか、
たまには口の中もチェックしてあげて、
 
痛そうな部分はないか、
確認してあげるといいですね。
 
問題がありそうな場合、
わからないけど、もしかしてと思うときは
早めに病院にいくことが大事ですよ。

おっぱいにネガティブなイメージを持っている

小さな赤ちゃんは、
言葉は話せないものの、
 
全身のありとあらゆる感覚を使って、
雰囲気をつかむ能力があると
私は思っています。
 
私の場合は、
乳頭トラブルがあったとき、
 
口に出して
「痛い痛い」
と言ったり、
 
体をよじらせて
顔をしかめながら、
体勢をコロコロ変えていたりしたときに、
 
赤ちゃんがくわえていたおっぱいを離して
泣いていたのを覚えています。
 
赤ちゃんが
飲んではいけないのかな?
と不安になってしまったのでしょうね・・・
 
赤ちゃんは大人のいう事、
やる事を敏感に感じ取っています。
 
授乳中にほかの人と話したり、
テレビを見ていたり。
 
そういうのを嫌がる赤ちゃんもいます。
 
授乳中は優しい言葉をかけてあげて、
ゆったりとした気持ちで
授乳してあげられたらいいですね。

まとめ

  1. おっぱいマッサージをしてみよう
  2. 食生活を見直そう
  3. 吸いやすい形のおっぱいにしよう
  4. 哺乳瓶の乳首を変えてみよう
  5. 赤ちゃんの体調に気を付けてみよう
  6. ゆったりとした気持ちで授乳しよう

 
いかがでしたか?
 

すぐにでもできること、
たくさんありますよね!
 
今、私の子どもは2人とも
おっぱいは卒業しましたが・・・
トラブルはたくさんありました。
 

ツラかったことも確かにありますが、
おっぱいを飲みながら
ウトウトしている姿とかを
今思い出すと、すごく愛おしいです。
 
おっぱいあげているときって
本当に母親として
幸せな時間だったなぁと思います。
 
akachan_geppu
 
今しかない、授乳時間。
確かにトラブルは多いけど乗り越えて、
授乳期間を楽しんでくださいね!

The following two tabs change content below.
メグミ

メグミ

すでにアラフォーと呼ばれる域に達した関西のおばあちゃん・・・(誰がおばはんやねんっ!)2児の男の子を子育て真っ最中。 自分の子育て体験や色んな情報をママ友と共有するためにブログを書いていたのがきっかけで、このサイトができました。 今では、日本全国のママさんライターとネットで交流しながら、孤独や不安を感じることなく、楽しく育児しています。